恐怖の家
ホーム > 作品情報 > 映画「恐怖の家」
メニュー

恐怖の家

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「祝の富」「揺藍」等と同様エセル・クレイトン嬢のパ社近作映画で、エルマー・ライス氏の原作をビューラー・マリー・ディックス女史が脚色し、「揺藍」と同じくポール・パウエル氏が監督した物。相手役は「月下の囁き」「家治まりて」等出演のヴァーノン・スティール氏でその他ザス・ピッツ嬢、バートラム・グラスビー氏等が出演している。

ストーリー

かつて歌劇壇の明星として寵を一身に集めていたアンはふとした事から美声を痛め、今は世間から忘れられそうな悲境にあって言い知れぬ寂しさを身に覚えたのであるが、唯彼女の心を慰めるのは恋人たる検事アームストロングの真心であった。ここに精神術師カシマーなる怪人物があって、アンの美声を元の如く癒し彼女をして再び歌劇壇の寵姫たらしめた。彼女は自然カシマーを恩人と崇ぶ様になったが彼の悪人あるを知るアームストロングは彼女にカシマーに近づかざる様に命じた。彼女は恋人の命に従ったが後にカシマーの謀略に陥り妖魔の家を訪れ危なく暴行を加えられ様としたが、神の意か、悪人は己が使っている女に殺された。計らずもこの嫌疑がアンの召使にかかり憐れにも死刑を宣告されたので、アンは己が名誉を犠牲として召使を助け様としたが幸いにも真犯人が自白し、アンは暗影なき舞姫として恋と名声とを。...

作品データ

原題 For the Defence
製作年 1922年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi