闇に踊る(1929)
ホーム > 作品情報 > 映画「闇に踊る(1929)」
メニュー

闇に踊る(1929)

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「獄中日記」「セレナーデ」等のリナ・バスケット嬢が主演した映画で、ウィリアム・ダドリー・ペリー氏の原作をピーター・ミルン氏が脚色し、新進のレイ・テイラー氏が監督したもの。俳優としては主演者の他に「嵐の翼」「乱暴ロージー」のリード・ハウス氏、「モダーン・ラブ」のクロフォード・ケント氏、「思い出」のグスタフ・フォン・セイファーティッツ氏、フローラ・フィンチ嬢、クラリッサ・セルウィン夫人が出演している。

ストーリー

社交界の花形メリー・ハウストンは下層社会研究を思い立ち、スフィンクスナイトクラブの踊り子となる。そこで彼女はポップ、カシィ、ハリーという三人の悪者としりあいになる。ポップはハリーを使ってロング・アイランドの某富豪邸を横領する計画をたてる。ところがメリーとハリーは一目惚れの間となり、メリーは彼を泥水から救い出す決心をする。彼らが横領を企てている家こそはメリーの叔母の家だった。メリーはハリーの妻如く粧い、この一行に加わる。そのうちポップはハリーとメリーの仲が日増しに深くなることを感づいて一日も早く財産を横領せんとする。が、メリーの婚約者を以って自任していたジョージ・ハルコートの嫉妬から一同は警官の手に渡されることになった。しかるにハリーこそは当時有名な劇作家で材料を求めて暗黒街に来ていたものであったことが判り、ハルコートの目算は外れ、メリーは喜んだ。...

作品データ

原題 Come Across
製作年 1929年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi