山小屋の娘
ホーム > 作品情報 > 映画「山小屋の娘」
メニュー

山小屋の娘

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「永遠に愛せよ」「森の勇者」のヴァジニア・ワイドラーが主役を演ずる映画でモリーン・バッブ、ジョン・ブライト、ロバート・タスカー共作のストーリィを「空中非常線」のスチュアート・アンソニーとマイケル・L・シモンズが協力脚色し、編集者から監督に昇進したウィリアム・シーが監督に当たり、「宝石と女賊」のジョージ・クレメンスが撮影した。助演者は「月は我が家」のヘンリエッタ・クロスマン、「青春ホテル」のリーフ・エリクソン、新顔のエリザベス・ラッセル、「東への道」のラッセル・シンプソン、その他である。

ストーリー

オザークスの小学校の女生徒イーディ・モーズリーは嘘の名人だったが、その嘘は貧しい、病身の母を慰めるためだった。学校では彼女の嘘に手をやき、町の新聞社の若い編集長トムに監督させる。トムは恋人ゲイルと共にイーディのため色々手を尽くした。学校の記念日にイーディが1ドル5セントの服を欲しがった。お祖母さんは犬を使って服を盗み、イーディを喜ばせたが発見されて警察に挙げられた。イーディは祖母を助けてやろうとゲイルの伯父の家へ赴いたが、、かえって彼女が罪を着せられ、感化院に送られた。しかし母には成績が良いので田舎の別荘へ行くのだ、と嘘をついた。イーディの留守に母は死んだが死ぬまでイーディを自慢していた。イーディの嘘は完全に目的を果たしたのだ。トムとゲイルは結婚して、イーディを引取ったので、不幸なイーディにようやく幸福が訪れた。...

作品データ

原題 Girl of Ozarks
製作年 1936年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi