モヒカン族の最後(1934)
ホーム > 作品情報 > 映画「モヒカン族の最後(1934)」
メニュー

モヒカン族の最後(1934)

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ジェイムズ・F・クーパーの同名の小説より取材した1934年作品で、戦後日本ではじめての連続活劇。監督は「ボンバ」のフォード・ビーブと「ユーコンの叫び」のB・リーブス・イースン。ビーブが、ジャック・ナタフォード、コルベート・クラーク、ウィンダム・ギテンスと共に潤色し、台辞を書いている。撮影は「西部の挑戦」のアーネスト・ミラー他が担当。出演は西部劇のヴェテラン、ハリー・ケイリー以下、エドウィナ・ブース、ミッシャ・アウアら。

ストーリー

蕃地の怒濤 Wild Waters 1757年、未だ英仏が砲火を交えていた頃のアメリカ。英軍司令部の密書を携えたホークアイ(H・ケリイ)は、父司令官を訪ねるコーラとアリスの姉妹らとともにウィリアム・ヘンリイ砦へ向かった。仏軍に加担するヒューロン族は一行をつけ狙っていたが、英人を信頼するモヒカン族の酋長はそれを告げに一行を追った。時すでに遅く、一行はヒューロン族にかこまれ、ホークアイは激流に落ちカヌーに乗って逃げ出したコーラ姉妹も大瀑布へ転落した。 毒矢の猛襲 Flaming Arrows コーラらは奇蹟的に助かったが、ヒューロン族に捕らえられた。彼らは姉妹を仏軍に売ろうとしたが、こばまれて、火焙りの刑を準備した。しかしその場にホークアイが現れ、彼女らを救った。フランススパイのデュラックはホークアイから密書を盗み、砦に出かけて、司令官を殺した。一方コーラらは再びヒューロン族に発見され、洞窟を這上がったが次第に足がかりがなくなった。...

作品データ

原題 The Last of the Mohicans
製作年 1934年
製作国 アメリカ
配給 映画配給社
上映時間 231分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi