鞭の痛み
ホーム > 作品情報 > 映画「鞭の痛み」
メニュー

鞭の痛み

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ハーヴェイ・ゲイツ原作の人情劇で、ヘンリー・キングの監督、ポーリン・フレデリックの主演になったもの、相手はクライド・フィルモアとライオネル・ベルモアである。

ストーリー

事業の失敗から自暴自棄となり、飲酒に荒んだ日を送る夫ジョール・グラントは、妻ドロシイがかいがいしく洗濯の内職までして一家を支えようとするのをかえって仇し男があるの何のと侮辱を加え、それのみか酔ったうえとはいえ10歳になるいたいけな姪クリシーを鞭をもって打とうとしたので、さすがのドロシーもたまりかね、夫を鞭で打った揚げ句家の外へ突き出した。かくて夫妻は別居するが、ほどなく夫ジョールが改心して人間本然の性質にかえってから、再び2人の仲は結ばれるのである。...

作品データ

原題 The Sting of Lash
製作年 1921年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi