娘十八紅かねつけて
ホーム > 作品情報 > 映画「娘十八紅かねつけて」
メニュー

娘十八紅かねつけて

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

リタ・ウィーマン女史原作の小説「舞台の上にて」Upstageトム・J・ホプキンスが脚色し、ハロルド・ショウ氏が監督した。ヴァイオラ・ダナ姫が「恋の一太刀」「待人来る」に続く主演映画である。相手は「兄貴」「泥棒待て」等出演のトム・ムーア氏である。

ストーリー

歯科医の事務所に掃除婦としていたノラーは母譲りで、ダンスに巧みであった。劇場の楽屋番ジェムス・パッタースンは彼女をコーラスの一人に斡旋してやったが、ノラーは衣装を持っていないので、中もの女優達から馬鹿にされていたので、ジェームズは自分の貯えをもって彼女に必要なものを飼ってやろうと申し出たが、彼女はそれを断って、自分の貯金を傾けて、彼を喜ばせるために新しい衣装を買った。ジェームズは彼女が金を得た方法について誤解を起こしたが、ノラーと同じ室にいるマミーの子供がその新装をジェームズに話したので、その誤解も解け、2人は結婚することになる。批評ー道徳的な筋でお母さんと娘さんが一緒に見に行くのに良い映画。(ウォルド誌トム・ウォーラー氏)...

キャスト

作品データ

原題 Rouged Lips
製作年 1923年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi