富貴を茶にして
ホーム > 作品情報 > 映画「富貴を茶にして」
メニュー

富貴を茶にして

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

エドガー・フランクリン氏原作の小説「養子にした父」“The Adopted Father”をフォレスト・ハルシー氏が脚色し「不盡の熱火」「沈黙の声」等と同じくF・ハーモン・ウェイト氏の監督、ジョージ・アーリス氏の主演になったもので、セルズニック社から発揮されたディスティンクティヴ映画である。共演者は「ホワイト・シスター(1923)」「桃色の夜は更けて」出演のロナルド・コールマン氏、「狂恋の唄女」「大北の怪異」等出演のエディス・ロバーツ嬢等である。

ストーリー

大製鉄工場主ジョン・リーヴスは息子チェスターの怠け者には手を焼いていた。彼は息子の小遣を一週二十ドルに減額する代り、自分も一週二十ドルで生活して見せると宣言し、工場の管理を弁護士に委して姿を消した。チェスターの恋仲であった娘ミュリエルの兄ウィリアムは、妹がアーサーという子供を養子にしたのを怒って、自分の会社の簿記係をしている薄汚い老人を養子にして父と呼ぶことにした。そして妹が小供を棄てない限りこの老人を父にして置くと頑張った。この老人こそジョン・リーヴスなのであったが、彼はウィリアムの支配人ジェームズが会社を破産される悪計を廻しているのを知り、ウィリアムのためにジェームズの悪計を叩き漬した。リーヴスの息子チェスターはこの時勤勉な青年になって帰って来た。彼はミュリエルと婚約し、リーヴスの身分も証明され、彼はウィリアムの工場を自分の管理の下に置いてウィリアム兄妹の幸福を計った。...

作品データ

原題 $ 20 a Week
製作年 1924年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi