風変りな恋
ホーム > 作品情報 > 映画「風変りな恋」
メニュー

風変りな恋

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

巨額の遺産をめぐる女相続人と、愚か者を装うスタントマンとの駆け引きを描くコメディ。ジャック・デュヴァルの原作の映画化で、脚本はチャールズ・ブラケットとリチャード・L・ブリーンが共同で執筆。製作はチャールズ・ブラケット、監督はリチャード・ヘイドン、撮影はチャールズ・ラング・ジュニア、音楽はヴィクター・ヤング、編集はエヴァレット・ダグラスが担当。出演はジョン・ランド、ワンダ・ヘンドリクス、モンティ・ウーリー、バリー・フィッツジェラルドなど。

ストーリー

映画のスタントマン、バークは富豪タトロックの孫スカイラーの後見人と名乗るヌーナンの来訪を受ける。変わり者のスカイラーは仕送りを受けながらハワイで暮らしていたが、二年前に死に、ヌーナンはネコババを決めこんでいたのだ。しかしタトロックが亡くなり、遺産分配のために本邸からスカイラーに呼び出し状がきた。困ったヌーナンは替え玉を探した末に、バークに白羽の矢を立てたのだ。相談が首尾よくまとまり、バークは偽スカイラーとしてタトロック家へ乗り込む。親類縁者をうまくごまかすバークだが、祖父の遺言で莫大な遺産が舞い込んだことにすっかり怖気づき、ヌーナンと逃げ支度をする。スカイラーの純情な妹ナンシーに恋してしまったバークだが、兄に化けている以上はどうにもならない。そこへ、欲深い伯母キャシーが財産を目当てに、ナンシーを自分の息子で女たらしのニッキーと結婚させようとしているのを知り、その企てを止める。しかしキャシーに正体を暴かれ、告訴は免れたもののバークはナンシーを置いてハワイへ去る。彼の煩悶を見かねたヌーナンはナンシーを呼び寄せ、すべてを知ったナンシーとバークの恋がようやく始まるのだった。...

作品データ

原題 Miss Tatlock's Millions
製作年 1948年
製作国 アメリカ
配給 セントラル
上映時間 101分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi