東三十九番地
ホーム > 作品情報 > 映画「東三十九番地」
メニュー

東三十九番地

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「歓喜の黎明」等に主演したコンスタンス・ビニー嬢のリアルアート映画で、ラシェル・クロザース氏の舞台劇をキャスリン・スチュアート女史が女史が脚色し、ジョン・S・ロバートソン氏が監督したもので、ビニー嬢が舞台に於いて演じて好評を博した事のある由緒ある映画である。相手役には最近ユ社で売り出したレジナルド・デニー氏が扮ている。

ストーリー

片田舎に住んでいたペネロープは自活の道を求めてニューヨークに出て来て、或る街の東39番地のある下宿に落ちつく事になったが、悪者に後を付けられて困っている処へギップスと言う青年に助けられて、それが縁となって彼等2人は恋に落ちた。処が或る事から彼女は彼と仲割をして危険が再び彼女を襲わんとしたが、常に彼女の蔭になって彼女を護っていたギップスの変わりなき誠によって救われ、此処に再び彼等には楽しき事が来たのである。...

キャスト

作品データ

原題 39 East
製作年 1920年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi