地平線から来た男
ホーム > 作品情報 > 映画「地平線から来た男」
メニュー

地平線から来た男

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

そのヌーボーとした風采によって凄腕のガンマンと勘違いされ、思わぬ事態が次々と起こる。総製作・監督はバート・ケネディ、製作はビル・フィネガン、脚本はジェームズ・エドワード・グラント、撮影はハリー・ストラドリング、音楽はジャック・エリオット、エリン・ファーガソンがそれぞれ担当。出演は「夕陽に立つ保安官」のジェームズ・ガーナー、スザンヌ・プレシェット、チャック・コナーズ、ジョン・デナー、マリー・ウィンザー、ジャック・エラム、ハリー・モーガン、ジョーン・ブロンデルなど。日本語版監修は高瀬鎮夫。デラックスカラー、ビスタサイズ。1971年作品。

ストーリー

ラティゴ・スミス(ジェームズ・ガーナー)は今や風前の灯。ゴールディ姐御(マリー・ウィンザー)と酔ったあげく結婚の約束をし、今は婚前ハネムーンの列車の中である。何とかしなきゃゴールインだ。ラティゴは姐御がお寝み中にこっそり途中下車した。この町パーガトリーは、ダイナマイトが爆発し、女の子が拳銃をぶっ放しているという殺伐たる光景である。ラティゴが悠々とホテルに投宿すると、ただちに町の有力者テイラー・バートン(ハリー・モーガン)、その息子、駅長のイズ(ヘンリー・ジョーンズ)などのお歴々の大歓迎を受けた。この町の勢力分布は真二つ、バートン一派とエームズ大佐(ジョン・デナー)一派で、鉱山主同志の争いの渦が巻いている。ラティゴはバートン派の用心棒というわけだが、バートンの娘ペイシャンス(スザンヌ・プレシェット)は、この馬鹿げた争いにうんざりして、ニューヨークへ行きたいと荒れ狂っている。しかも、エームズ大佐の用心棒を自分で片づけ、それを恩にきせてニューヨーク行きをOKさせようとやっきである。ようやく状勢を呑み込んだラティゴは、せっかく凄腕ガンマンと誤解されたからにはと5000ドルでバートンと契約した。その5000ドルもルーレットでスッテンテン。その負けっぷりの良さに惚れ込んだ酒場のマダム・ジェニー(ジョーン・ブロンデル)は、豪華な寝室を提供して用心棒も兼ねさせたが、そそっかしいペイシャンスは、さては裏切ったなと彼の寝室に乗り込んだ。が、手もなくひねられ、すっかり毒気を抜かれてしまった。エームズ大佐が自分の用心棒とマネージャーと思っていたのが実はニセ物、スウィフティに呑んべえのジャグ・メイ(ジャック・エラム)を仕立て上げたのがラティゴで、自分はマネージャーになりすましている。が、本物のスウィフティ(チャック・コナーズ)が現れるにおよんで事態は一変したのだ。両派の抗争は熱を帯び、とうとうスウィフティとラティゴの対決となった。ベテラン・ガンマン、スウィフティは相手を見て息を呑んだ。捨て身のラティゴはダイナマイトを抱え込み、ロバに乗ってきたのだ。すっかり怖じ気づいたスウィフティは、簡単にまいってしまった。鉱山問題はバートンとエームズ大佐の妹とのロマンスによって解決し、ラティゴの傍らには急に女らしくなったペイシャンスが寄り添っていた。(ユナイト配給*1時間30分)...

作品データ

原題 Latigo
製作年 1971年
製作国 アメリカ
配給 ユナイト

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi