男子起たば
ホーム > 作品情報 > 映画「男子起たば」
メニュー

男子起たば

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

米国現代の小説家として有名なハロルド・ベル・ライト氏の同じ名の小説に基づき、ウォルター・アンソニー氏とハリー・カー氏とが脚色し、「少年ロビンソン」「淋しき灯台守」等と同じくエドワード・クライン氏が監督したもの。主役は「結婚愛」「ローナ・ドゥーン」等出演のジョン・ホワーズ氏、「結婚愛」「嫉妬の創痕」等出演のマーゲリット・ド・ラ・モット嬢で、その他にも「煙の都」等出演のジョージ・ハッカソーン氏、「十番目の女」等出演のジューン・マーロウ嬢等が助演している。

ストーリー

限りなき富を持って遊惰な日を送っていたローレンス・ナイトはヘレンという乙女に結婚を申し込んだが、彼女は彼には男らしさがないと言ってそれを拒んだ。ローレンスはこれに発奮してアリゾナへ行って牧童となった。ナイトノ主人リードの娘キティーはフィル・アクトンという牧童に恋せられていたが、ナイトは女性なき生活の寂しさから彼女に近づいて彼女に求婚した。キティーは彼を恋している訳ではなかったがそれを承諾した。家畜盗賊の首領カムバートとその手下ジョーを対手にナイトもフィルも戦っていたが、ナイトは盗賊に内通したと疑われ私刑に処せられようとしたが、命を救われたジョーの通知で主人リードが駆け付けて助けてくれる。ヘレンはナイトを棄て技師マニングの妻となって西部へ来て、危急に臨んだ時ナイトに助けられる。ナイトは彼女を許し、キティーとフィルを結婚させ、自分はジョーを連れ、どこともなく去って行った。批評ー第一級の西部劇で、男子の改造を活劇味を豊かにして描いているが、ありきたりの結末とせぬところすこぶる良し。(ニウス誌ローレンス・リード氏)...

作品データ

原題 When a Man's A Man
製作年 1924年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi