青春の幻想
ホーム > 作品情報 > 映画「青春の幻想」
メニュー

青春の幻想

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「恋愛行進曲」と同じくチャールズ・バディー・ロジャース氏とナンシー・キャロル嬢が共演する全発声映画で、アーサー・トレイン氏作の小説を「底抜け騒ぎ」「父と子」のE・ロイド・シェルドン氏が脚色し、「四枚の羽根」「都会の幻想」のロタール・メンデス氏が監督、「カナリヤ殺人事件」「船隊入港」のハリー・フィッシュベック氏が撮影した。助演者は「ロマンスの河」「愛の医者」のジューン・コリアー嬢を始め、「アリバイ」のレジス・トゥーミー氏、「曲線悩まし」のケイ・フランシス嬢、エメリー・メルヴェル嬢、モード・ターナー・ゴードン嬢、エディ・ケーン氏等である。

ストーリー

カーリー・ソープとクレア・ジャーニガンとは幼い時から田舎回りのサーカスに育った生まれながらの寄席芸人で、ブロードウェイ近くのフェイ小母さんの芸人宿に住んでいた。二人は巧みな奇術師で腕も確かだった。クレアはカーリーに首ったけ惚れていたが、男は彼女を甘く見て子供扱いしていた。そして寄席芸人なんかよりも社交界の立場になりたいと望んでいたカーリーはシュミットラップという成金がダルマティアの女王様を招待した時に機会を得た。宴会の仕度係を職業としているゼルダという女と知り合いだったのでカーリーは女王様の接待役としてこの夜会に出席師、その社交的手腕を認められるとともに成金の娘ヒルダに興味を感じた。一方クレアもこの夜会の余興の踊り子として雇われ、ヒルダの兄エリックの好色の眼にとまった。エリックは翌晩クレアとカーリーの奇術を見物に行きクレアを口説きにかかった。カーリーはヒルダの所に通った。そしてクレアとの奇術もやめてしまった。しかもカーリーはクレアがエリックと親しくするのを喜ばず、一夜あるカフェでエリックとと喧嘩をしようとさえした。クレアはエリックからカーリーがヒルダと結婚すると聞いて落胆し、メイガスという奇術師の相手役を勤めることとなった。シュミットラップの別荘で大宴会が催され、サーカスが買切りになった時カーリーはヒルダに寄席芸人なんかと結婚は出来ないと断られた。憤慨した彼は社交界を罵倒してため溜飲を下げた。そしてクレアが出ている劇場へ彼女と仲直りに行ったが絶望していたクレアは死を決して実弾を白墨の弾丸とすり替える手品をせずに射撃の的に立った。しかし弾丸は肩をかすめただけで命に別状はなく、カーリーはクレアとかたく将来を誓ったのであった。...

作品データ

原題 Illusion
製作年 1929年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi