正義の囁き
ホーム > 作品情報 > 映画「正義の囁き」
メニュー

正義の囁き

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ストーリー

サハラ砂漠の付近に駐屯する英軍の士官ランド大尉は、ベヴァリー大佐の妻と私通したという身に覚えなき濡衣を被せられ、軍法会議に廻された。この屈辱を被って大尉は英人に対し燃えるような憎悪の念を抱き、アラビア人の仲間に入って、アリ・ザマンと名乗り、馬賊の一隊を率いて連隊を襲っていた。しかし彼も婦人に対する優しい心は失わなかった。エセル・ラムバートという娘が捕えられて来た時娘はさしも巧みに変装した彼を直ちに白人と見破ったので、彼の心には再び白人の優越性を認め、娘を放ち帰し自らも再び白人となった。ある市で偶然にもエセルがアラビア人のため暴行を加えられようとしたのを見たランドは、娘を救けたため踊り子フェイニンの嫉妬を買う。フェイニンはアラビア人の酋長ジウダーに頼みランドを捕えようとした。大尉とアラビア人との間に激しき格闘起こり救助に来たベヴァリー大佐は銃丸に傷いた。死ぬ間際大佐は大尉の無罪を証したので、身に被せられた汚れも去った大尉はエセルと新生涯へ入る。...

作品データ

原題 The Man Who Turned White
製作年 1919年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi