スパイ(1952)
ホーム > 作品情報 > 映画「スパイ(1952)」
メニュー

スパイ(1952)

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「復讐の2連銃」のジョエル・マクリーと「魅惑」のイヴリン・キースがイギリスの製作者レイモンド・ストロスに招かれて主演した1952年作スパイ劇。ジョフリー・ハウスホールドの原作を「最后の突撃」のエリック・アンブラーが脚色、エディター出身のロバート・パリッシュが監督した。撮影は「第三の男」(追加撮影)のスタンリー・ペイヴィ、音楽担当は「黒鷲」のハンス・メイである。共演者はイギリス俳優ばかりで、「黒ばら」のハーバート・ロム、「かくて我が恋は終りぬ」のマリウス・ゴーリング、ローランド・カルヴァー「極楽ホテル」など。

ストーリー

アメリカ陸軍のボブ・テイン中佐(ジョエル・マクリー)は軍務でイギルスのドセットに駐軍し、キャムプの近くに妻セシリー(イヴリン・キース)と住んでいた。ある日土地の農夫から借りた狩場に行くと丘の上に1人の男がいたので彼は狩場荒らしと思い散弾を威嚇発射したところ、男は死んでしまった。テインは慌てて屍体を片づけようとしたが、近くの家に泊まっているヒアート(マリウス・ゴーリング)が通りかかったので果たさなかった。夕食後再びテインは現場に出かけたが、また昼間の男に妨げられて、翌日行くと今度は自らスパイ15号と名のる奇妙な男サンドースキーに会い、協力を頼まれた。帰宅すると米国情報部のランドールが来ていてサンドースキーが情報部員であることをつげ再度協力を頼んだ。その夜テインはサンドースキーと彼の狩場に行き、飛行機でやって来た敵のスパイを誘拐した。彼らを同志とかん違いしたスパイは秘密書類を手渡すためにロンドンまで案内を頼み、計られたと知った本物のスパイの一味ヒアートらや、屍体を発見して追ってくる警察の手をかわして一行はロンドンに着いた。しかしヒアートが駅のスピーカーでテインたちの正体を暴いたため、スパイはすきをみて失踪した。ランドールの配下は直ちに追跡、大乱闘ののちスパイ団を全滅した。殺人嫌疑を受けたテインも、検証の結果死んだ男はヒアートのライフル弾で殺されたことが分かった。...

作品データ

原題 Rough Shoot
製作年 1952年
製作国 アメリカ
配給 松竹=UA

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi