素晴らしき求婚(1936)
ホーム > 作品情報 > 映画「素晴らしき求婚(1936)」
メニュー

素晴らしき求婚(1936)

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「恋と胃袋」のジョージ・マリオン・ジュニアが書き下ろし、バリー・トリヴァースが脚色に当たり、「放送豪華版」と同じくレイ・マッケリーが監督、ハリー・フィッシュベックが撮影したもの。主なる出演者は「将軍暁に死す」のウィリアム・フローリー、「真珠の首飾」のジョン・ハリデイ、「特急二十世紀」のロスコー・カーンス、「宝石と女賊」のエリザベス・パターソン、「海は桃色」のグレイス・ブラッドリー、「放送豪華版」のエリノア・ウィットニー、及びロバート・カミングス、子役ビリー・リーである。

ストーリー

映画会社の重役ドーマントの娘スキッピイは勉強もせず遊び歩いてばかりいるので、マサチューセッツの片田舎にあるチェスター女学校に入れられてしまった。この女学校は経営困難に陥って閉校しようとしているところだった。そこへ校長ウィルマ・チェスターの昔の良人ミルトン・シェクスピアが乗り込んで、面目を一新することになった。ミルトンは寄席芸人なので、一座の芸人達を教師として引っ張って来た。その中に若い作曲家ジミイがいて、スキッピイは彼と恋仲になり、彼女お得意のダンスが彼のおかげでますます上達した。感謝祭の当日、学校ではショーが催される。スキッピイはその主役に選ばれておおいに活躍した。彼女の両親ドーマント夫妻は、はるばるハリウッドからこの感謝祭に出席してショーを見物したが、おおいに感心して早速一座を買い取った。こうしてミルトンは一座の監督となり、スキッピイとジミイは結婚することができた。...

作品データ

原題 Three Cheers For Love
製作年 1936年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi