水兵万歳
ホーム > 作品情報 > 映画「水兵万歳」
メニュー

水兵万歳

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「あめりか祭」「妾の弱点」のルー・エイヤースが「乾杯の唄」のアリス・フェイと共演する映画で、ランドール・H・フェイが書き下ろした物語を「ヤング・アメリカ」のウィリアム・コンセルマンがヘンリー・ジョンソンと共同して脚色し、「限りなき世界」「極楽兵隊さん」のジョージ・マーシャルが監督に当たり、ハリー・ジャクソンが撮影した。助演者は「乾杯の唄」「唄へ!踊れ!(1933)」のハリー・グリーン、ヴォードビル及びミュージカル・コメディーの舞台で有名な喜劇2人組フランク・ミッチェル及びジャック・デューラントの面々である。

ストーリー

7つの海を我が物顔に乗り回すアメリカ艦隊が、あるとき東洋は中国の上海を訪れた折りの出来事である。リバーティー号の乗組水兵にラリー・ウィルスンという美男子の水兵がいた。彼はエディーとピーナッツという、少々ピンボケの同僚を従えて、音に名高い国際都市上海の夜の歓楽の港をのし歩いた。犬も歩けば棒に当たるの譬え通り、とあるカフェーのダンサーに素晴らしい美人を見つけだした。それは、ジーン・レガイと言う娘でラリーは一目惚れで彼女にまいってしまう。ジーンもまたラリーを憎からず思った為に、たちまち結婚しましょうということになった。そしてラリーはロサンジェルスに着いたら早速送金するから米国へきてくれ、といい残して辛い別れをした。ところが艦に帰ったラリーは心境の変化をきたして、結婚の約束を解消するから悪く思うなよ、と書面を認め、エディーとピーナッツに投函してくれと頼んだ。エディーとピーナッツはその文句を読んで大いにジーンに同乗し、縁切り状の代わりに愛の言葉を書き連ねた手紙とすり替えて、彼女の許へ送っておいた。悦びを抱いてジーンはハワイまでやって来た。そこで久方ぶりにラリーと対面したが、不思議やラリーは彼女にひどく冷淡であった。艦隊がロサンジェルスへ入港すると、ジーンも着いていて、再会したジーンはラリーに復讐する意味で愛想づかしをした。ジーンを招いた責任上エディーとピーナッツは心配して仲を取り持つこととなり奇抜な方法で2人を見事に結婚させた。...

作品データ

原題 She Learned About Sailors
製作年 1934年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi