ジョーン・バエズ 心の旅
ホーム > 作品情報 > 映画「ジョーン・バエズ 心の旅」
メニュー

ジョーン・バエズ 心の旅

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

映画「ウッドストック」に続き、夫デビッド・ハリスを牢獄から解放させるために全米縦断コンサート旅行に出たジョーン・バエズを追って、各地での演奏と私生活を克明に記録したドキュメンタリー。原題の「キャリー・イット・オン」はタイトルバックに流れる曲名。製作はクリストファー・G・ナイト、監督ロバート・ジョーンズ、撮影ジェームズ・コイン。

ストーリー

1969年、ジョーン・バエズの夫、デビッド・ハリスは、徴兵拒否のため連邦警察に逮捕され、3年の有罪判決を受けた。彼女はそれ以来、はっきりとアメリカ政府に対し、抵抗の姿勢を明らかにして、活発に活動を始めた。「何があなたの信念を支えているのか?」「どうすれば平和的な革命ができるのか?」現体制を否定し、革命を目指すバエズに質問が集中する。それに対してバエズは答える。「完成した青写真を与えることはできない。信念だけが支えだ」ABC・TVに出演した彼女は「アメリカは世界中に600の基地をもち、兵器の6割を独占して世界支配を狙っています……私は世界一不人気な国の国民になりたくない」とはっきりいい切った。しかし、そういったバエズも、人間らしく悩みながらそう信じ行動しようとして進む。連邦刑務所で服役中のデビッドは画面に語りかける。「進む道は、苦難の道、果てしない失望と疲労の待つ道である。しかし前進以外の道はない、それは人命が神聖だから……」デビッドがバエズからの手紙で、お腹の赤ん坊がお腹をけったという文面を読んで、牢の中で有頂天になって喜ぶ様子を返事に書いてくれる。それを読むバエズの声、それは本当に人間を愛することのできるものだけが知る喜びの声だ。...

作品データ

原題 Carry It On
製作年 1971年
製作国 アメリカ
配給 現代映画

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi