プリンス アンダー・ザ・チェリー・ムーン
ホーム > 作品情報 > 映画「プリンス アンダー・ザ・チェリー・ムーン」
メニュー

プリンス アンダー・ザ・チェリー・ムーン

劇場公開日

解説

フランスのリゾート地を舞台に若いピアノ弾きをめぐって展開する恋愛映画。製作はロバート・キャヴァロ、ジョゼフ・ラファロ、スティーヴン・ファーグノリ、監督・主演はプリンス、脚本はベッキー・ジョンストン、撮影はミハエル・バルハウス、音楽はプリンス&ザ・リボリューションが担当。共演はジェーローム・ベントン、スティーヴン・バーコフほか。

ストーリー

フランスのリビエラ。アメリカからやってきたクリストファー・トレイシー(プリンス)は、バーのピアノ弾き。これはという女は必ず射とめる凄腕のジゴロ。今夜の標的は有閑マダム、ミセス・ウェリントン(フランセスカ・アニス)。親友のトリッキー(ジェローム・べントン)とは、いつも獲物を物色する仲間でもあるが、ある日超大金持の令嬢、5000万ドルという財産の相続人、マリー・シャロン(クリスティン・スコット・トーマス)に目をつける。マリーのパーティに出向いたクリストファーに、彼女は目をとめた。しかし、それは、ギンギンにめかしこんだクリストファーの場ちがいな服装からだった。金目あてでクリストファーは彼女に近づくが、やがて2人は真剣に愛し合うようになる。しかし、マリーの父親シャロン(スティーヴン・バーコフ)はクリストファーとの交際を認めようとしない。また、商売を企んでいたトリッキーも、約束が違うとクリストファーを責めた。その企みを知ってマリーの心はゆらぐ。クリストファーの説得も及ばず、マリーが父親の決めた婚約者の元へ立とうとしていた。そのことをミセス・ウェリントンから聞いたクリストファーは飛行場に車をとばし、通行止めの柵を破る。間一髪、彼はガードマンに守られたマリーの前に立ちはだかる。クリストファーの車に乗ったマリーが愛を告白する。しかし、彼を誘拐犯に仕立てたシャロンは、執拗に追った。クリストファーはあえなく警官に射殺されてしまうのだった。...

作品データ

原題 Prince under the Cherry Moon
製作年 1986年
製作国 アメリカ
配給 ワーナー・ブラザース映画

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

  • プリンスさん死去 享年57歳(2016年4月22日) ポップ・ミュージック界のアイコンで、「パープル・レイン」「ビートに抱かれて」「レッツ・ゴー・クレイジー」などのヒット曲で知られる歌手プリンスさん が、4月21日(現地時間)、... 続きを読む
関連ニュース

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

アンダー・ザ・チェリー・ムーン(字幕版)
アンダー・ザ・チェリー・ムーン(字幕版)
2016年4月24日
¥300
iTunes

他のユーザーは「プリンス アンダー・ザ・チェリー・ムーン」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi