ジュリアス・シーザー(1953)
ホーム > 作品情報 > 映画「ジュリアス・シーザー(1953)」
メニュー

ジュリアス・シーザー(1953)

劇場公開日

解説

ウィリアム・シェイクスピアの戯曲『ジュリアス・シーザー』の映画化で、「五本の指」のジョセフ・L・マンキーウィッツが監督に当たった1953年作品。製作は「悪人と美女」のジョン・ハウスマン。「愛の決断」のジョセフ・ルッテンバーグが撮影を、「悲恋の女王エリザベス」のミクロス・ローザが音楽を担当。出演者は「革命児サパタ」のマーロン・ブランド、「ゼンダ城の虜(1952)」のジェームズ・メイスン、英劇壇のジョン・ギールグッド、「ゼンダ城の虜(1952)」のルイス・カルハーン、「拳銃無情」のエドモンド・オブライエン、「愛の決断」のグリア・ガースン、「地上より永遠に」のデボラ・カー、「探偵物語」のジョージ・マクレディ、「血闘」のリチャード・ヘイル、「悲恋の女王エリザベス」のアラン・ナビア、マイケル・ペイトら。

ストーリー

紀元前44年、ローマはジュリアス・シーザー(ルイス・カルハーン)が終世執行官となるに至って、貴族たちの間に政治的憤懣が高まった。シーザーの反対派はかつて彼が葬り去ったポンペイの追従者たちで、一方シーザーの味方は彼に熱烈な忠誠を誓う軍隊の隊長マーク・アントニー(マーロン・ブランド)であった。その中間に理想主義者たちがおり、その指導者は哲学者のカトーだったが、彼の自殺後、彼の娘婿ブルータス(ジェームズ・メイスン)がこの中間派の第一人者だった。ルペルカリアの祭の日、シーザーは競技場へ向かったが、その途中、路傍の占者から3月15日に気を付けよと呼びかけられた。競技場でアントニーはシーザーに3度王冠を捧げ、シーザーは3度それを拒んだ。ブルータスはシーザーが王冠を拒みながらも心中それに惹かれているのを見てとり、危険なものを感じた。折も折、シーザー打倒を指導するカシアス(ジョン・ギールグッド)がブルータスを言葉巧みに抱き込みにかかっていた。カシアスは公正と誠実さで民衆に人気を持つブルータスを利用しようとしていた。3月14日の夜、激しい雷雨をついてカシアス、カスカ(エドモンド・オブライエン)ら謀反一味は、彼らの計画をブルータスに打ち明けるため彼の家の庭に集まった。ブルータスはシーザー暗殺には賛成したがアントニー殺害には反対した。一味が帰ったのち、ブルータスの妻ポーシャ(デボラ・カー)は物思いに沈む夫を見て何か気がかりであった。一方シーザーの妻カルプルニア(グリア・ガースン)もその夜は不吉な夢から目覚め、夫に今日は元老院へ行かぬよう切願した。しかしシーザーは元老院に王冠が自分を待っているものと信じ、振り切って出かけた。謀反者たちは計画どおりシーザーを殺害した。ブルータスは参集したローマ市民に向かって、共和制ローマをシーザーの野心から守るためだったと説いてかれらの支持を得た。しかしつづいて登壇したアントニーが無類の雄弁をふるってシーザーの死を悼んだので熱狂した群衆は暴動化した。ブルータスらの謀反者は逃れ去り、ローマはアントニーとオクタヴィアスの支配に帰した。謀反者たちの間は円満に行かず、就中、ブルータスとカシアスが対立したが、ポーシャ自殺の悲報に和解し、ハイリポの平原でアントニーの軍勢と決戦を挑む決意を固めた。会戦はアントニー軍の決定的な勝利に終り、カシアスもブルータスも、自らの命を絶った。ブルータスのそばに立ったアントニーは、ブルータスこそ最も高潔なローマ人だったと、追悼の言葉を送った。...

作品データ

原題 Julius Caesar
製作年 1953年
製作国 アメリカ
配給 MGM映画会社

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第26回 アカデミー賞(1954年)

受賞
美術賞(白黒)  
ノミネート
作品賞  
男優賞 マーロン・ブランド
撮影賞(白黒) ジョセフ・ルッテンバーグ
作曲賞(ドラマ/コメディ) ミクロス・ローザ

関連ニュース

関連ニュース

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

ジュリアス・シーザー ジュリアス・シーザー(1953)
ジュリアス・シーザー ジュリアス・シーザー(1953)
2015年7月4日 2014年5月1日
¥300 ¥562
DMM.com ビデオパス
※au IDが必要

他のユーザーは「ジュリアス・シーザー(1953)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi