猿は語る
ホーム > 作品情報 > 映画「猿は語る」
メニュー

猿は語る

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ルネ・フォーショア氏作のブウルヴァルの独り狂言「物言う猿」を映画化したもので、L・G・リグビー氏が脚色し、「カルメン(1927)」「栄光」と同じくラウール・ウォルシュ氏が監督した。主役は舞台で賞讃を博したジャック・レルネル氏が演じ、「憧憬の彼方へ」「無花果の葉」等出演のオリーヴ・ボーデン嬢と「カルメン」「極光に吼ゆ」等出演のドン・アルヴァラド氏が共演し、ジェーン・ウィントン嬢、マルコーム・ワェイト氏、レイモンド・ヒッチコック氏等が助演している。

ストーリー

金持の一人息子でお坊ちゃん育ちのアルマン・デュランはミュゼットというサーカスの女に惚れて親の意見も馬の耳に念仏という有様だった。ところがミュゼットには同じサーカスの獅子使いのベルジュランという情夫があって散々アルマンから金を捲き上げた挙句袖にして了った。アルマンは始めて女心の常ならぬを知り憂悶を医すために放漫の旅へ上った。幾日かの後彼はジュウルとフィルマンとフランソワという三人の芸人が経営している小さなサーカスの一行と落合った。アルマンとフランソワとは旧知の間柄だったのでその仲間となったが、不景気続きのため、開演中道具や衣装一切を借金が払えぬばかりに差押えられて了った。その時フランソワは着る着物もないところから猿の毛皮を着て猿の真似をして皆を笑わせた。アルマンはそれに暗示を得てフランソワを猿に仕立て「物言う猿」として呼び物とし金儲けの計画を樹て、四人はこの秘密を命にかけてと守ることを誓約した。それから数週間の後「物言う猿」ジョコオの曲芸はパリ中の大評判となり、新加入の花形娘オリヴェットもジョコオの人気には及ばなかった。オリヴェットはフランソワのジョコオを真物の猿と信じて寵愛した。ジョコオはしかし猿としてよりも人間として愛して貰い度かった。けれども彼は四人の誓約を破ることが出来なかった。のみならずオリヴェットがアルマンを愛しているのを知っては人として彼女の愛撫を受けることに満足しているよりほかはなかった。アルマンはフランソワの立場に同情し自らはオリヴェットに愛を打明けなかった。この一座の隆盛を聞込んだベルジュランとミュゼットは鉄面皮にもアルマンを訪れて一座に加えてくれと頼み、ミュゼットは彼を瞞しにかかったがアルマンは言下に拒絶した。腹黒い二人はジョコオに酷似した猿を手に入れて、夜陰に乗じてジョコオを誘拐し真物の猿を残した。三人組は驚いてジョコオの行衛を捜し廻った。オリヴェットは換玉の猿をジョコオと信じて己が室へ伴った。真物の猿は野獣の本性を発揮して彼女に飛掛った。ベルジュランの一室の檻に囚われたフランソワのジョコオはオリヴェットの身を気遣い檻を破って帰った。両猿は激しい格闘をしたがジョコオは胸を傷けられた。ジョコオは傷を押して最後の舞台を勤め、オリヴェットの胸に抱かれて彼女とアルマンの幸福を祈りながら死んだ。...

作品データ

原題 The Monkey Talks
製作年 1927年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi