空中幽霊
ホーム > 作品情報 > 映画「空中幽霊」
メニュー

空中幽霊

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「国境隊」と同じくレイ・テイラーが監督、トム・タイラーが主演、ジョン・ヒックソンが撮影した連続活劇で、エラ・オニールが原作、「国境隊」のベイジル・ディッキーがジョージ・プリンプトンと共同して脚色した。助演者は新進グロリア・シー、ヒュー・エンフィールド、「国境隊」のウィリアム・デスモンド、ルロイ・メイソン、シドニー・ブレイシー等である。

ストーリー

トーマス・エドマンヅは「コントラグラヴ」と称する飛行機運転の革命を来すべき発明品を殆ど完成していた。しかしこれを完成するには、腕利きの飛行家の助力を必要とするのでエドマンヅは娘エメリイと共に、空中大協議会に赴いて適当な飛行士を物色することとした。そして彼の眼識に叶ったのは若いボッブ・レイモンド大尉だった。エメリイは彼女に飛行機の手ほどきしてくれたモート・クロームを父に雇って貰いたいと内心希望していたので、些か失望を感じた。しかしクロームは内実はある酒密輸ギャングの巨魁で、「コントラグラヴ」を手に入れようと考えていたのである。そこでエドマンヅとレイモンドが発明に就いて密談するのを、スパイのブレイドをして盗み聞きさせた。ところがブレイドは逃げ去るときに窓を閉めて置くのを忘れて行ったので、エドマンヅは何者かが忍び入った事を知り、警戒する必要を痛感した。引き続いて翌日の競技会ではレイモンドとクロームが互いに技を争ったが、レイモンドの乗機の鋼線が突如切れ機は猛火に包まれて墜落した。レイモンドは悪漢団の犠牲となったであろうか?...

作品データ

原題 The Phantom of the Air
製作年 1933年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi