生きる情熱
ホーム > 作品情報 > 映画「生きる情熱」
メニュー

生きる情熱

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ジョン・オハラの小説をTV「ドクター・キルデア」のジョン・T・ケリーが脚色、「不意打ち」のウォルター・グローマンが監督したメロドラマ。撮影はチャールズ・ロートン・ジュニア、音楽はネルソン・リドルが担当した。出演は「不時着」のスザンヌ・プレシェット、「史上最大の作戦」のブラッドフォード・ディルマン、「或る殺人」のベン・ギャザラほか。製作は「633爆撃隊」のルイス・J・ラクミル。

ストーリー

ペンシルバニアの富豪コールドウェル家の娘クレース(スザンヌ・プレシェット)は、若く美しくしかも近い将来に巨万の富を相続することになっていたので、彼女の周囲には常にたくさんの男たちがむらがっていた。最初の男はチャーリーでまだ彼女が女学生の頃だ。その後も関係が続き、あまりの不行跡ゆえに、母親は病気になってしまった。みずからの行為を恥じたグレースはチャーリーとの関係を断った。その頃、クリスマスの休暇で弟が友人のシドニー(ブラッドフォード・ディルマン)をつれて帰省した。将来、農場の経営を夢みている温厚な紳士シドニーに、グレースの心は急速に傾いていった。母親と保養地に出かけたグレースは、そこでも給仕との情事を重ね、その間、母親は、突然の発作で息を引きとった。グレースは求婚するシドニーに、過去の男遍歴を告白したが彼の愛は変わらなかった。2人は結婚した。しばらくは平和な日が続き、シドニーの念願だった農場経営も実現、子供も生まれた。その頃、グレースの幼なじみバノン(ベン・ギャザラ)が町へ帰ってきた。彼は少年時代から秘かな慕情をグレースに抱いていたが、苦学しながら建築家になった男。グレースは日ましに彼に惹かれ、肉体関係が続いた。グレースに思いを寄せるもう1人の男、地方新聞の編集者ホリスターはグレースとバノンのスキャンダルを未然にふせいだが、泥酔したバノンが交通事故死したことから、シドニーの知るところとなった。一度は妻を許そうと思ったものの、ホリスターの妻が、嫉妬と邪推で作りあげた夫とグレースの情事をわめき散らし、それを信じたシドニーは子供をつれて家を出た。道ならぬ恋と情事の代償として、グレースは夫の愛を永遠にうしなったのであった...

作品データ

原題 A Rage to Live
製作年 1964年
製作国 アメリカ
配給 ユナイテッド・アーチスツ

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第38回 アカデミー賞(1966年)

ノミネート
衣装デザイン賞(白黒) Howard Shoup

関連ニュース

関連ニュース
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi