巨人登場
ホーム > 作品情報 > 映画「巨人登場」
メニュー

巨人登場

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「トパーズ(1933)」「晩餐八時」ジョン・バリモアが主演する映画で、原作はアメリカ有数の劇作家エルマー・ライスの戯曲である。なお、この映画化にあたってはライス自らが特に脚色の筆を執り、監督には「北海の漁火」「鉄血士官校」のウィリアム・ワイラーがあたった。バリモアを助けて出演する人々は、「四十二番街」「ディキシアナ」のビービー・ダニエルスと「ヤング・アメリカ」「シンガポール航路」のドリス・ケニヨンとの2人が主なるもので、それから「ナガナ」のオンスロウ・スティヴンス、「今宵ひととき」のマーヴィン・ダグラス、「めりけん音頭」のセルマ・トッド、「ナイトクラブの女」のメイヨ・メソット、及び原作戯曲の舞台上演に際してその役を舞台に演じたヴィンセント・シャーマン、エルマー・ブラウン、アンジェラ・ジェーコブス、マルカ・コーンシタイン、マーヴィン・クライン、ジョン・ハモンド・デイリー、等も出演している。撮影は「近衛兵」「世界大洪水」のノーバート・ブロディンの担任。

ストーリー

ジョージ・サイモンは今日でこそ辛辣な腕利きの弁護士としてニューヨークに名高く、その事務所には毎日の陽に依頼者や訪問客との絶え間がない人物であるが、昔といえば彼は貧民街の出で、今日の地位は彼が独力で切り開き、築き上げたものなのである。で、彼が今日の地位に達するまでにはいかに努力し、また、野望に自らを鞭打って来たかということも自ずと察せられ様が、こうして彼が夫殺しの妻、山師、議員、コーラス・ガール、コミュニストの労働者、その他数知れぬ種類の人々と事務所で応接してあるいは権謀術策を以て師、あるいは浮気な女心を退け、あるいは階級闘争に激論したりする、その繁忙な生活の際にも、忘れがたいものがあった。それは彼の妻コーラのことであった。コーラは上流社会の出で2人の貴族的な連れ子を伴っていた。サイモンに取っては彼が上流社会から妻を得た事は誇りであり、また、彼は妻を熱愛してもいた。だが、コーラと彼女の連れ子にとっては、彼は成り上がり者に過ぎなく、コーラたちはサイモンの母などをも疎んじ、却って有閑な上流紳士ロイ・ダーウィンと親しくしていた。こうしたサイモン対コーラの関係を見て、憤り且つ悶えていたのはサイモンの女秘書レジナ・ゴードンである。レジナは人知れずサイモンを恋していたからである。が、そうしている内に、サイモンにとって大事が持ち上がった。と、いうのは立身出世を一重に追及したサイモンのこととて、その影には後暗い事実のないことはなかったからで、それが急に明るみに出されそうになったからである。サイモンは絶対絶命の窮地に追い込まれた。だがこの時、己を慰めてくれるべきコーラは、これを汚らわしい事件であるとして、彼を見捨てて欧州に旅立と言いだした。サイモンは悶えた。一方では己の地位が崩れていこうとする、また一方では妻にすてられ様としている。彼は死に物狂いになった。が、その時、救いの神が現われた。彼の乾分が対手のベアードの隠れたる秘密をさぐり出してくれたのである。占めた。で、この事件はベアードと談合して臭いものには蓋をし、それを闇から闇に葬り去ることにした。だが、この事件が片付いてホッとしたのも束の間、彼はコーラがロイと共に欧州に旅立って行ったことを知った。妻に去られたサイモンは希望を失った。そして彼は自殺しようと考えた。だが、それを止めたのはレジナである。そして、レジナは彼に未来への勇気を吹き込んだ。と、途端に、また事件突発の電話だ。すぐご来場を乞う。よし来た。昔の元気を取り戻したサイモンはレジナと共にそこに、刺激と興奮とを求め、それに夢中になりながら、急行するのであった。...

作品データ

原題 Counscllor At Law
製作年 1933年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi