歓楽の唇
ホーム > 作品情報 > 映画「歓楽の唇」
メニュー

歓楽の唇

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「黙示録の四騎士(1961)」で流行家となったヴィセンテ・ブラスコ・イバネス氏が特にメイ・マレイ嬢の為に書いた物語をダグラス・Z・ドーティー氏が脚色し「花嫁万歳」「漂泊の踊子」等と同じくロバート・Z・レナード氏が監督したもので、主役は「漂泊の踊子」「フランス人形」等主演のメイ・マレイ嬢が演じ、相手役は「人類の破滅」等出演のジェームズ・カークウッド氏で、「アンニー可愛や」等出演のウィリアム・ヘインズ氏やチャールズ・ジェラード氏が助演している。

ストーリー

昔ギリシアにキルケという女神があった。その美貌に迷った男たちは皆女神の魔法で豚にされた--と神話は語る。セシリー・ブラナーはキルケの昔を今にかえて同じ生活をしている女だった、彼女は豪奢な邸宅を金に不自由のない放蕩者たちに開放して日夜飽くなき快楽の生活を送った。とはいえ彼女も生まれながらの不倫の女ではなかった。美貌が仇となって男の卑しい本能の犠牲となり、遂には男を弄ぶのを快楽とする女となった。しかし彼女が誘惑し得ぬ男があった。隣に住む医師ヴァン・マーティン博士をセシリーは密かに想ったが博士は彼女に構いつけなかった。ある夜の狂宴に物狂おしくなったセシリーは賭博にすべてを失ってしまい、苦しい様を博士に打ち明けその後行方を晦ました。彼女は故郷ニュー・オリンスの尼寺に隠れ、一日子供を救おうとして自動車に両脚を轢かれた。セシリーノの真心を知った博士は行方を捜した挙げ句彼女の日記によって行方を知り病院に彼女を訪れた。セシリーの悦び、博士の愛の腕。かくてセシリーの脚も癒え、幸福の日がつづく。...

スタッフ

監督
脚本
ダグラス・ドティ
原作
ヴィセンテ・ブラスコ・イバネス
撮影
オリヴァー・T・マーシュ

作品データ

原題 Circe, the Enchantress
製作年 1924年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi