神我に二十銭を賜う
ホーム > 作品情報 > 映画「神我に二十銭を賜う」
メニュー

神我に二十銭を賜う

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ディキシー・ウィルソン氏作の物語をジョン・ラッセル氏が改作しエリザベス・ミーハン女史が脚色し、「ボー・ジェスト(1927)」「シンデレラ物語」等と同じくハーバート・ブレノン氏が監督したもので、「心の合鍵」「生けるパスカル」「燃ゆる唇」等出演のロイス・モーラン嬢、「曲芸団」「サタンの嘆き」「燃ゆる唇」等出演のリア・デ・ブテイ嬢、「自動車恋愛」「地下鉄サデイー」等出演のジャック・マルホール氏及び「雨製造者」「狂乱船」等出演のウィリアム・コリアー・ジュニア氏が共演している。

ストーリー

水夫スティーブ・ドーランは友達のバーニイ・タップマンの母親の家にいるカッシー・ラングという女と親密にしていたが、カッシーが牢屋に打ち込まれていた間に彼はメリーというかわいい小娘と恋仲になり遂にスティーブはメリーと結婚した。カッシーがすれつ枯らしの酒場の女なのに比べるとメリーは天使のような純真な乙女だった。スティーブは彼女と結婚すると共にデユフウルの家に下宿して楽しい幾日かを送った。スティーブの船が出帆する日はカッシーが出牢する日だった。カッシーはスティーブが結婚したと聞いても彼を思い切れなかった。そしてスティーブに香港へ連れて行ってくれと頼んだ。それを彼に拒絶されたカッシーは賭けをして彼を脅かして遂に彼と共に香港へわたることにした。出帆間際にこうしたいざこざが起こったためスティーブは愛妻メリーにさようならを言う暇もなく汽船に乗らねばならなかった。帽子や煙官や荷物を取りに戻る筈の良人がさようなら一つ言わずに酒場女を連れて出帆したと聞いたメリーは悲嘆の涙に暮れた。途方にくれて埠頭を逡巡していた彼女は不図水際で10銭銀貨2枚を拾った。それで薔薇の花を買ったら意外にも巡査に追われ、誤って怪我をして病院へかつぎ込まれた。病院でメリーは息を引き取ろうとしているカッシーに遇った。カッシーは昨夜スティーブに置いてきぼりにされた上にバーニイの泥棒事件の巻き添えを食って狙撃され瀕死の重傷を負ったのだった。カッシーは苦しい息の下から自分とスティーブとの経緯を残らずメリーに語らったので、メリーは始めて事情が解り愁眉を開いて良人スティーブの帰来を待つことになった。...

作品データ

原題 God Gave Me Twenty Cents
製作年 1926年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi