風の接吻
ホーム > 作品情報 > 映画「風の接吻」
メニュー

風の接吻

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「不思議の国のアリス(1933)」「ママはパパが好き」のノーマン・マクロードが監督に当たった映画で、ラジオ界の人気テナー、ラニー・ロスが「ママはパパが好き」のチャーリー・ラッグルス及びメエリー・ボーランドと共に主演するもの。原作はフランク・レオン・スミスの短編で「トパーズ(1933)」のベン・W・レヴィーが脚色し、「坊やが盗まれた」のジェーン・ストームが台本を作製した。撮影は「不思議の国のアリス(1933)」のヘンリー・シャープが受持っている。助演者は「彼女の戦術」のジョージ・ミーカー「肉体」のハーマンビング、ゲール四姉妹中のジョーン、ジェーン、ジューンの三人等である。

ストーリー

ジョン・クラドックはジェーン・プロジェットを一目見て好きになってしまった。ジェーンもウェイスリイ・ブレッブルという婚約の男があったにも拘わらず、ジョンが好きになって彼の求婚を父に謀った。ところが父はジョンが嫌いだった。父は稀代の蒐集癖を持った男で、道楽のない男は嫌いだった。ジョンはジェーンの知恵で、山のてっぺんに名前の頭文字を彫ることが道楽だというが、父は道楽は蒐集に限ると一蹴した。やがて、プロジェットの一家はヨーロッパ旅行に出かけた。ジョンも彼らの後を追って出かけた。スイスのイルデンホーン山の頂上に頭文字を彫ろうというのである。スイスで、父は牛が二百年も前の銀の鈴をつけているのを見て、それが欲しくなった。同時に、ジョンの鼻をあかさんと単身イルデンホーンに登って頭文字を彫った。しかし、その上方にジョンの頭文字が既に彫ってあったので、父は機嫌頗る斜であった。ジョンは鈴を盗んで、父に与えようとしたが、受け取らないので、そっと父のポケットへ忍ばせた。やがて鈴泥棒の詮議が始まり、父は投獄された。ジョンは父を救おうとして、今度は自分が獄舎に投り込まれた。そこへウェイスリイがやってきて、一行はパリへ行くことになったが、ジェーンは単身ジョンを救おうとし、たちまち捕まって牢に入れられた。パリゆきの一行は出発した。ジョンとジェーンは相擁して獄舎の窓から別れを告げるのであった。...

作品データ

原題 Melody in Spring
製作年 1934年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi