踵の魅惑
ホーム > 作品情報 > 映画「踵の魅惑」
メニュー

踵の魅惑

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

フィリップ・クライン氏、ケネス・ホウクス氏合作の物語をジェームズ・ハミルトン氏が脚色し、「昇天の意気」「嵐の翼」等と同じくジョン・G・ブライストーン氏が監督したもので、主役は「お針娘バーサ」「怠け者」等出演のマッジ・ベラミー嬢で、相手役は「舷々相摩す」「百貨店」等出演のローレンス・グレイ氏が勤め、モイス・コンプトン嬢、マージョリー・ビープ嬢、アラン・フオレスト氏、ジェー・ファーレル・マクドナルド氏、アーサー・ハウスマン氏等が助演している。

ストーリー

ノラ・ヤングはある雑貨店に勤めていたが支配人と衝突してここばかりに日が照りやしまいと飛び出してしまった。そして恋人のバーネー・タッカーの世話で、マッガイア及びゴールドバーグ商会という衣裳店のモデルに雇われた。ところが同商会は財政困難をきたしたので銀行家ウオルター・ホーンスビーに借金を申し込んだが、商会の内幕を知っているホーンスビーは貸出を拒絶した。切羽詰まったマッガイアはふとノラの美しい姿に目をつけ妙案を考え出した。そして早速彼女に素晴らしい衣裳と立派なアパートメントを支給して、ホーンスビーから金をださせたらパリへ旅行させてやるという条件でノラを説破した。そこでノラが花形となってのホーンスビー接待の宴会が開かれた。ノラはありったけの愛嬌を振り撒いてホーンスビーを悩殺したが、最後の5分間で彼女の不注意が因でホーンスビー懐柔策は不成功に終わった。しかし彼女の美しさに野心を起こしたホーンスビーはノラを誘って自動車に乗せ目的を果たさんとした。けれどもノラの意思は鞏固でホーンスビーの魔の手も彼女に危害を加え得なかった。かくて世の醜悪な半面を知ったノラは真に彼女を愛してくれる恋人バーネーの許へかえった。ノラがバーネーと結婚する日、彼女の友達ヴァージニアとフローも、夫れ夫れ恋人のテッド及びビルと楽しき新生活に入った。...

作品データ

原題 Ankles Preferred
製作年 1927年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi