女よ幸あれ
ホーム > 作品情報 > 映画「女よ幸あれ」
メニュー

女よ幸あれ

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「ミラクルマン(1919)」続、ジョージ・ロン・タッカーの製作作品で、ジョージの死後発売されたものである。原作はアリス・デュアー・ミラー。タッカーが脚色及び監督をし、主役はベティー・カンプソン、マーロン・ハミルトン、ロバート・エリス、リートリス・ジョーイ等の腕利き揃いである。

ストーリー

クリスチーン・ブリーカーは義兄ウィリアム・ホーリンスの財産で贅沢な暮らしをして成長した。彼女の父は欲張りホーリンスに養われていたが、クリスチーンを金持ちと結婚させようと試みていた。エドワード・バーロンという金はあるが放蕩物の老人が若い妻ナンシーを連れてホーリンスの邸に招待された。ラルフ・リンコートという若い富豪も彼の妻と共に招かれた。飛行家アンソニー・マルヴィンはこの庭へ墜落して負傷したが、クリスチーンは彼を看護して恋に落ちる。アンソニーの助手ル・プリムとナンシーとの恋の渦に巻き込まれて、クリスチーンはアンソニーと婚約を発表するような仕儀になったが、アンソニーには財産のないことが判ったので、リンコートは彼女に婚約を破棄するように勧める。ところが自殺したネル・マーティンという少女の死体が発見され、彼女の死因が人々に知れたとき、若い婦人たちは考えざるを得なかった。不真血目な恋を捨て、皆は真の愛を求めたクリスチーンはアンソニーの妻となる。...

作品データ

原題 Ladies Must Live
製作年 1921年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi