恐ろしき結婚
ホーム > 作品情報 > 映画「恐ろしき結婚」
メニュー

恐ろしき結婚

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「ブーム・タウン」「美人劇場」のヘディ・ラマー「愛の勝利(1939)」「偉大な嘘」のジョージ・ブレント「ラインの監視」のボール・ルーカスが主演する1944年作品である。マーガレット・カーペンター作の小説を「芸人ホテル」のウォーレン・ダフが脚色し、モーリス・ターナーの息ジャック・ターナーが監督に当たる。

ストーリー

医師ハント・ベイリーはニューヨークへ帰る途中シシー・ベデローという中年の婦人と道連れとなった。彼女の弟ニックの妻アリーダの誕生日祝に行くのだということで、ハントはシシーの荷物やホテルの世話をしてやった。その夜彼はシシーが弟の姿で心臓マヒで急死した事を偶然聞き、そのような体質に見えなかっただけに、奇妙に思った。ところが旧友クラグホーンとめぐり会って、ハントはベデロー家の旧知たる彼と共に、アリーダのお茶の会へ赴いて、自分がアリーダを愛し始めたことを意識する。彼女の夫のニック・ベデローは立派な紳士であり、慈善家として知られている男だが、妻の精神が異常で、息子のアレックに悪影響を及ぼしていると信じている様子である。ハントは翌週もアリーダのお茶の会に出かけ、自分が信頼すべき友人だと思い込ませようとしたが、彼女は特に親しくは振舞わない。そしてハントはニックの嫉妬との眼が、自分の背に注がれていることを直感した。その夜ハントは帰宅して、自分の荷物の中に、死んだシシーのトランクが間違って混ざっているのを発見し、その中から日記を見出した。それによってベデローの父が自殺したこと、ニックは田舎町でアリーダを見染め、ヨーロッパに連れて行き、美人として名をひろめたのち、結婚したこと、ニューヨークに戻ってから、多くの男が彼女にほれ、中の1人アレックが交通事故で死んだこと等を知った。ハントはさらにニックが息子にアリーダを憎悪させようと計っていることも知った。アリーダとカフェで会ったハントは、愛を告白した。彼女も彼に助力を乞いシシーはニックの振舞に仰天して死んだのだと打ち明ける。帰宅すると自殺するというニックの知らせが来ていたので、ベデロー邸へハントがかけつけると、ニックはベッドに横たわっていた。しかし死んではおらず、アレックを謀殺した事を告白し、ハントも殺してやるというニックはすでに狂人の形相であった。家はガスが充満し、その爆発でニックは死んだが、ハントはアリーダと息子のアレックスを救うことに成功した。...

キャスト

作品データ

原題 Experiment Perilous
製作年 1945年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第18回 アカデミー賞(1946年)

ノミネート
美術賞(白黒)  
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi