王様ごっこ
ホーム > 作品情報 > 映画「王様ごっこ」
メニュー

王様ごっこ

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

シンクレア・ルイスの小説をエドード・バラモア・ジュニアとジョセフ・マンキーウィチが改作し、アグネス・ブランド・リーが脚色し、「スキピイ」のノーマン・タウログが監督した映画で、「スキピイ」のミッチー・グリーン及びジャック・サールをはじめ、エドナ・メイ・オリヴァー、ルイズ・ファゼンダ、ブルース・ライン等が出演、撮影は「影を売る男」のチャールズ・ラングである。

ストーリー

娘のデイジーに手伝わせてガソリン供給所をやっているタイト夫人の所へ立派な自動車が着いた。降りたのは以前から仲の悪い洗濯屋のティファニー夫人とその息子のティニーで彼女の話によるとティニーはいまではハリウッドのそうそうたる子役となり莫大な収入を得ているとこことでその豪勢ぶりをみせびらかす。しゃくに触ったタイト夫人も黙ってはいない。さっそくデイジーを連れてハリウッドにでかける。各社の撮影所を見物しているうち根がいたずらなデイジーはセット内をあっちこっちと飛び回り遂にディニーの出演映画撮影中カメラの前に飛び出して移されてしまう。これがキッカケで監督に認められて彼女は一躍ハリウッドの子役女王となる。すると今度はティファニー夫人の心がおだやかでない。なんとかして相手の上手に出ようと苦心しとうとう偉い思いつきを発明する。それはスロヴァリア王国の幼帝マキシミリアンに息子を会わせることで、こうすればいかなるデイジーも追いつけまいとおもったのである。ところが彼ら母子がロンドンに渡ってみると、既にタイト母子も来ていて同じ目的を抱いてホテルに泊まっている。はしこいディイジーは母親が苦労している間になんなくマキシミリアン王と非常梯子で会いお互いに親の束縛からのがれるために家を出た。翌朝2人はロンドンの町々を探検することになったがこの時後ろからついて来たティニーも仲間に入ることを許された。波止場近くへ来た時3人は一団の子供と会ったが力の強いマキシミリアンはたちまち彼らを征服して団長となり、ちょうどデイジーのポケットに若干の金があったので一同うちそろって遊園地へゆき遊び暮らした。夜になって子供たちの多くがいなくなると共にデイジーとマキシミリアンとティニーは古い倉庫に入り込んで夜を明かそうとしたが突然現れた人さらいのために連れていかれる。家では母親たちが額をあつめて心配している。が、3人は少年群の応援をうけて人さらい共をやっつけようやく親達の膝下に帰る。次の日マキシミリアンは名ごりを惜しみながらスロヴァリアへご帰還となり、ティファニーとタイト両夫人も年来の不和が解けおのおの子供を連れて仲良くハリウッドへ帰って行った。...

作品データ

原題 Forbidden Adventure
製作年 1931年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi