エジプトの誘惑
ホーム > 作品情報 > 映画「エジプトの誘惑」
メニュー

エジプトの誘惑

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ノーマ・ローリマー原作の小説「エヂプトに王在りき」Three Was a King in Egyptをエリオット・J・クローソンとE・リチャード・スケイヤーが共同で脚色し、バリスケールの夫君ハワード・ヒックマンの監督するもの。クレア・アダムス、ロバート・マッキム、ジョーゼフ・ダウリングらが主役を演じる。

ストーリー

エジプト学者のラムトン教授は古代エジプト王アクナトンの墳墓発掘中資金の不足を来して困却していた。あるバルカンの王室の1人ダマール公爵は墓の中に埋められた宝を盗まんとして教授を財政的に助けていた。教授の娘のマーガレットに恋しているマイケル・アモリーは教授に力を貸して墳墓の所在地発見につとめていたが、娘が公爵を想っていると信じて、アクナトン王墳墓の所在地を知っているというアラビア人に力を協せることになった。公爵は妖姫ミリセントをマイケルの元に遺わして所在地を知らしめようとしたが、マイケルは彼女をはねつけた。ミリセントと公爵は発掘された墓へ盗みに入ったが捕らえられ、マーガレットの疑いも解けてマイケルと幸福を語る身となった。...

キャスト

作品データ

原題 The Lure of Egypt
製作年 1921年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi