海の狼(1930)
ホーム > 作品情報 > 映画「海の狼(1930)」
メニュー

海の狼(1930)

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「彼の捕えし女」「煩悩」等に名技を残した故ミルトン・シルス氏の最後の主演映画で、かつて再度映画化されたことのあるジャック・ロンドン作の同名の小説を撮影マネージャーとして知られているラルフ・ブロック氏が脚色し「情熱のメキシコ」「これぞ天国」のアルフレッド・サンテル氏が監督し「デキシー歌舞曲」「黒旋風」のグレン・マクウィリアムス氏がウィリアム・アボット氏と共同して撮影した。助演者は新進のジェーン・キースリー嬢、「君知るやわが悩み」のレイモンド・ハケット氏、舞台俳優のミッチェル・ハリス氏、「笑う女」のナット・ペンドルトン氏、ジョン・ロジャース氏、ハリー・テルブルック氏等である。

ストーリー

帆船ゴースト号の船長ウルフ・ラーセンは海の狼と綽名される乱暴者であった。彼はアリューシアン群島へ海豹狩に赴く前晩日本の函館港の魔窟で遊んでいた。とある妓楼で彼はローナ・マーシュという白人の美女に遭って一緒に船に来いと云ったが、ローナは嫌がって妾の好きなのはあんな人よ、と碌でなしの若者アレン・ランドを指さした。袖にされて怒ったウルフが憤った途端、彼の兄弟でしかも仇敵の如く憎み合っている「死神」ラーセンがやって来た。兄弟が大乱闘をしている間にローナはランドと共に逃れた。ところがランドはウルフの二の腕、運転士スモークに誘拐されて水夫としてゴースト号で働かされることになったと聞いたローナはウルフの乞いを承諾してゴースト号に乗った。ウルフは力を見せるためにランドを虐待したが、ランドはひるまず男らしく振舞ったのでローナの心は益々ウルフを離れランドを慕うようになる。暴虐なウルフはコックが掃除の仕方が足りないといって船尾に縛りつけたので不幸なコックは足を鱶に噛切られる。此の残忍さに憤激した船員は暴動を起してウルフとスモークとを海に投込んだ。併しウルフは泳ぎ帰って来た。ランドはローナと共に介抱してやったので喜んだウルフはランドをスモークの後任として運転士に取立てた。がローナが何時迄経っても色よい返事をしないのでウルフは遂に彼女に暴行を加えようとした。ランドはウルフにうち掛ったが力及ばず僕倒されてしまった。折柄死神ラーセンが乗込んでいる同型の帆船マセドニア号がゴースト号に迫って来たので、ローナとランドは危難を免れ、立ちこめて来た濃霧にまぎれてボートを降して漂流した。生死の境をさまようこと数日2人は帆船に出遭った。それこそゴースト号で乗船して見ると瀕死のウルフが唯1人横たわっていた。ウルフは死神ラーセンにぶちのめされ、コックのために眼をえぐり取られていたのだった。やがて絶命したウルフを水葬して若き2人は故国に向って帆をあげたのである。...

作品データ

原題 The Sea Wolf
製作年 1930年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi