暗中の声
ホーム > 作品情報 > 映画「暗中の声」
メニュー

暗中の声

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ラルフ・ダイアーの舞台劇を「13号室」「太平洋の娘」のフランク・ロイドが監督したミステリー・ドラマ。アイリーン・リッチ、オーラ・ケイリュー、ウィリアム・スコット、ラムゼイ・ウォーレス等が主役である。ニュース誌は「喜劇なる舞台劇--殊に暗中の声を主題としたものであるから、映画劇としての凄味が出ない」と評している。

ストーリー

ヒュー・セインスベリーという不身持ちの医者が何者かに殺された。疑いはブランシュ・ウォーレン(アイリーン・リッチ)という娘にかかる。しかし娘の無罪は、病院の患者である盲目の老人と、耳の聞こえない老婆の証言で証され、真犯人はかつてヒューに弄れた看護婦であった。…という筋で、終わりは例によってのハッピー・エンディングである。...

作品データ

原題 A Voice in the Dark
製作年 1921年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi