アンクル・トムス・ケヴィン
ホーム > 作品情報 > 映画「アンクル・トムス・ケヴィン」
メニュー

アンクル・トムス・ケヴィン

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ハリエット・ビーチャー・ストウ女史の世界に名高い小説「アンクル・トムス・ケヴィン」の映画化。ハリー・ポラードが映画向きに一度書き直したものを基に、ハーヴェイ・シュウとA・P・ヤンガーが撮影台本を作り、「加州目指して」「鵜の目鷹の目」と同じくポラードが監督。一昔前のアメリカ映画の花形として人気者だったマーガリータ・フィッシャーが、久々に復帰してエリザに扮し、トムにはジェームズ・B・ロウが抜擢された。共演に「ある男の過去」のアーサー・エドモンド・カリュー、「君が為め命捧げん」のジョージ・シーグマン、映画初出演のヴァージニア・グレイ。その他ユーラリー・ジェンセン、ルシアン・リトルフィールド、モナ・レイ、ジャック・モワー、ジョン・ローシュ、ディック・サザーランドが総出演する。

ストーリー

アメリカ南部のある町にシェルビー(ジャック・モワー)という情深い地主がいた。彼の使用している奴隷エリザ(マーガリータ・フィッシャー)は、ハリスという地主からシェルビー氏が借りていた奴隷のジョージ(アーサー・エドモンド・カリュー)と、シェルビー夫妻の媒酌で結婚することになった。2人の間にはハリーという男の子が生まれ、幸福に暮らしていたがジョージの主人のハリスは貪慾非道な男で、ジョージを他の女と結婚させようとしたため、ジョージは妻と愛児に悲しい別れを告げ、雪の中をカナダへ逃れて行った。ハリスは貸金の代わりとしてシェルビー氏からアンクル・トム(ジェームズ・B・ロウ)という黒奴と、ハリー少年とを奪おうとしたため、エリザはハリーを連れて逃げる。大風雪の中ハリスの猛犬に追跡されたが、エリザは流氷の危険を冒して河を渡り、危うい所をフレッチャーに救われる。しかし、悪徳弁護士マークスに謀られて、河下へ売られていく運命に。途中で愛子ハリーはマークスに誘拐され、エリザはは奴隷売買人の手に落ちてしまう。同じ船に積まれていたトムは、エヴァ(ヴァージニア・グレイ)という少女に同情され、彼女の父セントクレア氏(ジョン・ローシュ)に買取られる。だがエヴァは程なく病死し、セントクレア氏も悲しみのために死んだので、氏の財産は競売された。トムはレグリー(ジョージ・シーグマン)に買われ、彼の虐待を受ける身となったが、エリザに再会。彼女の実母が、レグリーの妾であるカッシーであることを告げる。トムはついにレグリーの鞭に打ち殺されたが、エリザとカッシーが同じ運命に陥ろうとした時、レグリーはトムの亡霊に襲われ二階から墜落死する。愛子と妻の行方を捜していたジョージは計らずもハリー(アドルフ・ミラー)に巡り会い、エリザにも再会することができた。それはちょうど南北戦争の終わった頃で、奴隷解放令が発布され、ここに初めて彼等一家に幸福がきたのだった。...

作品データ

原題 Uncle Tom's Cabin
製作年 1927年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi