アルゼンチン情話
ホーム > 作品情報 > 映画「アルゼンチン情話」
メニュー

アルゼンチン情話

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ヴィセンテ・ブラスコ・イバネス原作の小説をジョン・ラッセルが脚本化し、ジェラルド・C・ダフィーが脚色したものを「兵営に咲く花」「焔の女」等と同じくアラン・ドワンが監督。主役は「天国の罪人」「戦友の妻」のビービー・ダニエルスで、「焔の女」のリカルド・コルテスと「琴線の響」のジェームズ・レニーが助演している。

ストーリー

アルゼンチンの大葡萄園主ファン・マルチン(リカルド・コルテス)は、アルコルタの市長エマニエル・ガルシアに財政上の援助をした報酬に、娘コンスエロ(ビービー・ダニエルス)を妻とする約束をする。ところが合衆国で教育を終えた当のコンスエロは、若いアメリカ人フィリップ・シーアス(ジェームズ・レニー)と恋仲になり、同じ船で帰ってきた。コンスエロの学資はもちろん、衣類などもすべてはマルチンが世話したもので、彼女はマルチン家に入嫁しなければならないと説きつけられる。しかし現代的教育を受けたコンスエロはそれに反発し、乳母ラ・モスカが住む別荘へ行く。街のお祭りの晩、コンスエロはマルチンからタンゴに誘われたが、彼女は若いアルゼンチン人ラファエルに馴々しくしたため、マルチンとの間に争いが起こりラファエルは殺される。争いの元であるコンスエロは、人々から非難を被った。ラファエルの父は多くの役人と共に街に来て、マルチンの処刑を主張する。コンスエロの恋の仇は街の人々を扇動し、妖婦と呼んで彼女を死刑にしようとするが、そこをフィリップが救った。コンスエロの傷が癒え、フィリップに愛を告白しようとした時、そこにマルチンが現われる。事実を言えばフィリップが殺されると思い、コンスエロは自分が愛しているのはマルチンだ、と告げる。フィリップは、せめて愛し合うふたりを助けようと、マルチンと衣を替え、ふたりを逃がす。マルチンは喜びコンスエロに結婚を迫るが、そのとき遂にコンスエロは、本当に愛しているのはフィリップだ、と本心を打ち明ける。フィリップの行いに感じ入ったマルチンは、当局に自首する。そしてコンスエロとフィリップの幸福せを祈って、潔く銃刑を受けるのだった。...

スタッフ

監督
脚本
ジョン・ラッセル
脚色
ジェラルド・C・ダフィー
原作
ヴィセンテ・ブラスコ・イバネス
製作
アラン・ドワン
撮影
J・ロイ・ハント

作品データ

原題 Argentine Love
製作年 1924年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi