当たり屋勘太
ホーム > 作品情報 > 映画「当たり屋勘太」
メニュー

当たり屋勘太

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

サミュエル・ゴールドウィン製作、エディ・キャンター主演のミュージカル映画で、「オペラ・ハット」と同じくクレアランス・バディントン・レランドの小説を基に、「1936年の大放送」「カレッジ・リズム」のノーマン・タウログが監督した。改作と脚本は「ロイドの牛乳屋」のフランク・バトラーが「ヒョットコ六人組」「南瓜とお姫様」のウォルター・デレオン、「ミシシッピ」「カレッジ・リズム」のフランシス・マーティンと協力して書いた。共演は「海は桃色」「百万弗小僧」のエセル・マーマン、ラジオの芸人ハリー・パークを始めとして「ボレロ」のウィリアム・フローリー、「Gウーマン」「バーバリー・コースト」のブライアン・ドンレヴィ、ヘレン・ロウェル、ゴードン・ジョーンズ、シドニー・H・フィールズ、ジャック・ラルー、リタ・リオなど。撮影は「昨日」のメリット・ガースタッドが主として当たり、舞踏場面だけを「結婚の夜」「噫無情」のグレッグ・トーランドが主として担任した。

ストーリー

小さな学生街で洋服屋を営むエディ・ピンク(エディ・キャンター)は、ナイトクラブの歌手ジョイス(エセル・マーマン)に恋をしていた。エディは元来弱虫なので、「人間かはつかねずみか? 君は何者だ?」という講義録によって、超人的な強い性格になろうと考えていた。友達のブッチ(ゴードン・ジョーンズ)が六年かけて、それもエディの努力で学校を卒業した時、ブッチの母親カースン夫人(ヘレン・ロウェル)は自分の経営する遊園地ドリームランドを息子に任そうとする。ところがブッチが海に出かけたので、エディにお鉢が回ってきた。この遊園地はヴァンス(ブライアン・ドンレヴィ)を頭としたギャングに狙われていて、支配人が次々と殺されていたのだ。そしてギャングは、不正自動機を売り込もうとエディを脅す。カースン夫人と射撃場の娘で支配人秘書のクラリベル(サリー・アイラース)は、エディの身辺を護衛するためパーキヤカカス(ハリー・パー)という男を雇う。ところが、こいつは途方もないとんまだった。そうこうしているうちにヴァンスは、己の支配下にいるジョイスが殺人をしたと見せかけ、それを秘密にする条件の下に、エディに遊園地に自動機を備えることを承諾させる。しかし土壇場でエディは自動機が不正なこと、そしてジョイスにだまされたことを知る。ギャングたちの悪行をすべてレコードに吹き込むと、エディは遊園地中をギャングたちの追跡から逃げ回る。バーキヤカカスがこれに絡み、結果ギャング一味は警察に捕らえられ、エディはクラリベルと結ばれるのだった。...

作品データ

原題 Strike Me Pink
製作年 1936年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi