愛の虜
ホーム > 作品情報 > 映画「愛の虜」
メニュー

愛の虜

解説

「ミラクルマン(1919)」で大成功を得たベティー・カンプソン嬢が一本立ちのスターとなっての第1回作品で、カスリーン・ヘンリー女史原作の社会劇をアーサー・ロッスン氏が監督したものである。クララ・ホートン嬢、ローイ・ステワート氏、エモリー・ジョンソン氏等のお馴染みの人々が出演している。「珍しい題材、美術的な劇」とニュース誌は評している。

ストーリー

ブランシュ・デーヴィスといううら若い乙女が男とは如何なるものかを知らずして、マーティン・ブレアーを深く愛した。マーティンが彼女に対する心持ちが不純なものであったと彼女が知った時には余りに遅すぎた。数々の悩みを彼女は学んだ。しかし彼女にも幸福な日はついに来た。...

作品データ

原題 Prisoners of Love
製作年 1921年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

愛の虜
愛の虜
2017年9月2日
¥400
TSUTAYA TV
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi