ツナグ
ホーム > 作品情報 > 映画「ツナグ」
メニュー

ツナグ

劇場公開日

解説

直木賞作家・辻村深月による同名小説を映画化したヒューマンドラマ。大切な人を亡くした者と死者を一度だけ再会させる仲介人「ツナグ」という職業を通じて、他人の人生に深くかかわっていく青年の葛藤と成長を描く。一見するとごく普通の男子高校生・歩美は、祖母アイ子からツナグを引き継ぐ見習いとして、死者との再会を望むさまざまな人と出会っていく。しかし、死者との再会が救いになるのか、人生は変わるのか、次第に自身の行為に疑問を抱くようになる。映画「麒麟の翼」、NHK連続テレビ小説「梅ちゃん先生」など話題作への出演が続く注目の俳優・松坂桃李が、初の単独主演。祖母アイ子役の樹木希林のほか、佐藤隆太、桐谷美玲、橋本愛、八千草薫、仲代達矢らが共演。監督は「ROOKIES 卒業」の平川雄一朗。

スタッフ

監督
製作指揮
城朋子
製作
藤本鈴子
長坂信人
市川南
伊藤和明
阿佐美弘恭
藤門浩之
松田陽三
北川直樹
エグゼクティブプロデューサー
奥田誠治
Co. エグゼクティブプロデューサー
神康幸
プロデューサー
伊藤卓哉
小林誠一郎
原作
辻村深月
脚本
平川雄一朗
撮影
中山光一
照明
松本憲人
録音
小宮元
美術
花谷秀文
装飾
寺尾淳
編集
伊藤潤一
音楽
佐藤直紀
主題歌
JUJU
VFXスーパーバイザー
小坂一順
助監督
土岐洋介
製作担当
藤原恵美子
アシスタントプロデューサー
田口生己
ラインプロデューサー
鈴木嘉弘

キャスト

作品データ

製作年 2012年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 129分
映倫区分 G
 

受賞歴

第36回 日本アカデミー賞(2013年)

ノミネート
新人俳優賞 松坂桃李

インタビュー:ツナグ

松坂桃李と樹木希林が体現した祖母と孫の理想像
ツナグのインタビュー

ひとつひとつ言葉を選びながら、真摯な受け答えをする松坂桃李。時に脱線しても、自由奔放な言動で周囲を和ませる樹木希林。対極の“いやし系”2人の関係性が、そのまま孫と祖母という役となって「ツナグ」に反映されているようだ。松坂は樹木を絶えず...ツナグのインタビュー

関連ニュース:ツナグ

ツナグの関連ニュース

映画レビュー:ツナグ

平均評価
3.6 3.6 50 (全47件)
  • あなたは誰と会いたいですか? 3つの物語から構成されています。 号泣させる様な作り方ではないですが 私は泣きました。 たった1人だけ・・死んだ人に会える もしそんな事が可能なら あなたが誰を選びますか? 私もツナグにお願いし... ...続きを読む

    REIKA REIKAさん  2014年8月24日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 最初から 泣かせにかかり、最後は最高に泣けた こんな世界があるなら、自分は誰と会いたくなるんやろうと思う。 あ~泣けたなぁ! 良い作品だ ...続きを読む

    コダック コダックさん  2014年8月17日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 55点 ネタバレ! なんか一回一回の場面変更に違和感 佐藤隆太さんの立場なったら次の恋行かれへんわぁ〜 泣いた ナレーション入るからか何回か終わりそうかなと思ってまだある、とかがあった! 最後両親と会ってよかったと... ...続きを読む

    コウセイ コウセイさん  2014年6月3日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • ツナグのすべての映画レビュー
  • ツナグの映画レビューを書く

ネットレンタル検索:ツナグ

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

ツナグ ツナグ ツナグ ツナグ
ツナグ ツナグ ツナグ ツナグ
2013年12月28日 2013年12月28日 2014年1月10日 2013年12月27日
¥300 ¥540 ¥432 ¥400
iTunes GyaO!ストア ひかりTVビデオ YouTube

他のユーザーは「ツナグ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画