ザ・マスター
ホーム > 作品情報 > 映画「ザ・マスター」
メニュー

ザ・マスター

劇場公開日

解説

ポール・トーマス・アンダーソンが「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」(2007)以来5年ぶりに手がけた監督作。第2次世界大戦直後のアメリカを舞台に、爆発的に信者を増やしていった新興宗教の教祖とその弟子となった男の関係を描き出す。第2次世界大戦が終結し、赴任先からアメリカへ戻ってきた帰還兵のフレディ・クエルは、戦地ではまったアルコール依存症から抜け出せず、社会生活に適応できずにいた。そんなある日、フレディは「ザ・コーズ」という宗教団体の指導者で、信者から「マスター」と呼ばれているランカスター・ドッドに出会う。ドッドは独自のメソッドで人々を悩みから解放し、フレディもドッドのカウンセリングで次第に心の平静を取り戻していく。ドッドは行き場のないフレディをかたわらに置き、2人の絆は深まっていくが……。主演はホアキン・フェニックスとフィリップ・シーモア・ホフマン。2012年・第69回ベネチア国際映画祭で銀獅子(監督)賞、男優賞を受賞。

作品データ

原題 The Master
製作年 2012年
製作国 アメリカ
配給 ファントム・フィルム
上映時間 138分
映倫区分 R15+
 

関連ニュース:ザ・マスター

ザ・マスターの関連ニュース

映画評論:ザ・マスター

観客の共感を求めない映画。だが、残像は脳裡から消えない
ザ・マスターの映画評論・批評

PTA(ポール・トーマス・アンダーソン)は、テレンス・マリックに接近したのだろうか。映画を見ているさなか、一瞬、そんな感想が頭をよぎった。いや、いくらなんでもせっかちすぎる反応だろう。まず、人間関係の設定がいつものPTA流だ。外界と調...ザ・マスターの映画評論・批評

映画レビュー:ザ・マスター

平均評価
3.3 3.3 50 (全36件)
  • 別れのラブソング 人間の中に潜む獣性が、制約をぶち破って爆発したような男、フレディ。 マスターの船に乗り、傾倒し、統制され、頼まれてもいないのに、マスターの目的と合致する行動をとる。 孤独なマスターは、フレディを... ...続きを読む

    Raspberry Raspberryさん  2014年11月19日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 人生哲学みたいな話 この映画がなにを訴えているのかは、よくわからなかった。じわあ、と感動はあるが、それがなんなのかさっぱりわからなかった。 背景説明がないぶん、予備知識なしで見たら、サスペンスに流れるのかと思ったり... ...続きを読む

    paitan paitanさん  2014年9月10日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 求めても求めても手に入れられないもの ネタバレ! PTAは『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』で一皮剥けたと言われていて、確かに私もおあの作品で監督としての階段をひとつ上がったという印象は持ったのだが、今作を観て思ったのは、PTAはデビュー作から一... ...続きを読む

    arakazu arakazuさん  2014年4月26日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • ザ・マスターのすべての映画レビュー
  • ザ・マスターの映画レビューを書く

他のユーザーは「ザ・マスター」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画