ヴァルハラ・ライジングのレビュー・感想・評価

ヴァルハラ・ライジング

劇場公開日 2012年4月7日
7件を表示 映画レビューを書く

前半良かったです

レフン監督作で言えば、ドライヴとオンリーゴッドの中間くらいの味つけといった感じでしょう。
難解ではありませんし、どのカットも細部までこだわりを感じました。
好きか嫌いかで言えば好き。

アリンコ
アリンコさん / 2017年6月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

独眼、喋らず。

チョットの残酷描写に基本的には何も起こらない展開とレフンらしい意味深な映像がチラホラ。

マッツミケルセンの黙々と無感情な表情に優しさも垣間見れる存在感は彼に合っている。

ラストに死闘を繰り広げる期待をしていたが始まりのまんまな雰囲気で終わってしまった。

とにかく観てて寒そうで。

万年 東一
万年 東一さん / 2016年12月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  興奮 知的 寝られる
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

疲れます

作品自体は良かったです。独特の作品なので好き嫌いがあると思います。

今日この頃
今日この頃さん / 2015年2月23日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

うーん、、ストーリーが、、、

「ニコラス・ウィンディング・レフンの作品を観よう!」と思ってブロンソンと一緒に観たけど、本作は正直眠ってしまうくらい退屈だった。
特徴的な映像の色彩感覚やかなり暴力シーンは印象的だが、話としては「別に。。。」な作品だった

cani tsuyo
cani tsuyoさん / 2014年5月22日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

決して難解ではない

予告編を見て、マッツ・ミケルセンが出ていたのでDVDで見ました。難解そうだと思いましたが、バイオレンスシーンなどもしっかり有り、納得の1時間半でした。

赤い彗星
赤い彗星さん / 2013年9月7日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

アクションはよかった ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

 『ドライヴ』のレフン監督の映画だというので楽しみにしていたのだが、どうやって生活しているのかさっぱり不明な人々が争ったり歩いたり船に乗ったりするばかりで、何がどうなるのかさっぱり興味もわかず、退屈だった。一瞬鋭いアクションが起こりまた静まるというのが何度かあった。アクションはえぐくて迫力があった。

 高い美意識はうかがえたのだが、ドラマ性が低くてつらかった。

古泉智浩
古泉智浩さん / 2013年6月1日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

グロいが風刺が効いてます ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

難解。まず、自分のような凡人には理解できない。
が、わかる範囲で。

主人公は物言わぬ奴隷戦士。
片目ゆえに、世話係りの少年アーから、物語の中でワン・アイと呼ばれるようになる。

ワン・アイは何年も奴隷戦士として戦い続けていた。来る日も来る日もそれこそ血みどろの地獄の住人です。

彼は戦いに勝利し続けます。

そんなある日、逃亡のチャンスが訪れる。彼と世話係りの少年は晴れて自由の身に。

そして、キリスト(神)の子として聖地エルサレムを目指すと言うバイキングの一行と遭遇し、そんな彼らと行動を共にすることになる。

だが、道中は過酷で仲間はどんどん死んでいく。飢え、乾き、さまざま悪夢的状況が続き、ようやくのことで新大陸に到達する。

しかし、そこも彼らにとっては地獄でしかなく…。

ワン・アイは誰よりもその事実をいち早く悟る。気のふれる者、先住民に殺されていく者、どんどん仲間は死んでいきます。

最後に残されたのはワン・アイと少年アー。
先住民に囲まれて、、

最終的には無垢な心を持つ少年だけが故郷に帰れます。ワン・アイは自ら犠牲になることを選び神の元へ昇天。

本作、キリスト教を信じ進む者へ地獄を見せます。これは現代社会も同じ。アメリカの中東への軍事介入など全てが失策であり、多くの命が失われました。

劇中のキリスト教を信じるバイキング=アメリカ軍

道中、森の中でさまよい、恐怖からワン・アイを裏切り者と見て自滅していく様は、テロ犯と現地の人との区別もつかずに無意味な殺戮を続けているアメリカ軍そのものです。

「ドライブ」同様、とてもアーティスティックな作品ですが、とにかくグロいので、万人におすすめできませんが、、必見です。

BQGMAN
BQGMANさん / 2012年12月20日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

7件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi