医(いや)す者として 映像と証言で綴る農村医療の戦後史
ホーム > 作品情報 > 映画「医(いや)す者として 映像と証言で綴る農村医療の戦後史」
メニュー

医(いや)す者として 映像と証言で綴る農村医療の戦後史

劇場公開日

解説

巡回医療や農村医療に尽力して地域医療の礎を築くとともに、地域社会作りの一端も担う存在となった長野県・佐久総合病院の60年間にわたる取り組みを記録したドキュメンタリー。戦後間もない信州、千曲川沿いの小さな病院に赴任した青年医師・若月俊一(2006年没)は、周辺の農山村への出張診療や全村健康管理(健康診断)を全国に先駆けて行っていった。また、健康に対する啓蒙活動として演劇や「病院まつり」も催し、地域社会の形成に貢献していく。1950年代から30数年間にわたり記録されていた16ミリフィルムに、当時を知る現在の関係者らの証言を加え、完成させた。

キャスト

作品データ

製作年 2011年
製作国 日本
配給 グループ現代
上映時間 108分
オフィシャルサイト  
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi