北のカナリアたちのレビュー・感想・評価

北のカナリアたち

劇場公開日 2012年11月3日
41件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

B級映画

隣町とかで待ち合わせて自動車で更に遠方のラブホに行って・・とか出来ない狭い離島で不倫って頭おかしいと思う。
現実離れしていて疲れる。

多聞天
多聞天さん / 2017年11月18日 / PCから投稿
  • 評価: -
  • 印象:  単純 難しい 寝られる
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

極寒の地で

最初から面白いし、最後はかなり泣けました。

子役達の歌はとても上手いし、成長した生徒役の若手俳優陣も存在感あって、とても良かったです。
役者さんて、世代によって演技の下地?みたいなのが違うのでしょうね…。鑑賞していて、若干違和感を感じました。
それにしても、とにかく寒そうでした。

先日吉永様御本人を偶然お見かけして、天にも昇る気持ちでした。本当にお美しかったです。

everglaze
everglazeさん / 2016年3月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

宮﨑あおいさん綺麗やった〜

ルック ◯
シナリオ ◯
アクター◯
デプス◎
ラスト◯
オススメ◯

もっかいみたいな。すごい話だ。湊かなえは天才か!
面白かったとしか言えない。
そして満島ひかりさんと、宮﨑あおいさんが綺麗な事、演技も上手いし言うことなし。

つんつこ
つんつこさん / 2016年3月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

もっかいみる

わからんかったけど最後は号泣
もっかいみる。もっと真剣に見る。

プラネット
プラネットさん / 2015年12月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

さすがの絶景

息子がベタだけどあえて観たい、というので一緒に観てきた~
偶然にもふたりで映画館は「告白」以来

「ハンカチいらない?ティッシュあげとく?」
と始まる前に言ったら
「そんな いらんいらん!」
とえばってたくせに
袖口ぐしょぐしょにして泣いてた(笑)

あたしら道産子には見慣れた風景だけどあまりの美しさ利尻富士…さすが木村大作
(礼文島から見る利尻富士は最高の景色)
エゾキスゲもいっぱい咲いてたわ~

メンツのそろえ方がどうだろ、、、と思ったけど
案の定森山未來がひとりで全部もってった!

mamagamasako
mamagamasakoさん / 2015年11月23日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

結末に痺れました

終盤までは物凄く陰鬱な映画でしたけど、最後の最後にやられました。
吉永小百合主演映画ですから、ある程度想像は付いていましたが、それでも泣けたなぁ~。
ある意味吉永小百合のパワープレイ的結末ですが、森山未來の怪演も相まって、グッと心掴まされてしまいました。
まあハッピーエンドではないですが、希望の持てるラストに感動させられましたよ。

正直途中までは名優紹介も兼ねたような会話劇的旅路に、やや中だるみ感を感じていたのですが、回想シーン等からこの旅の目的が少しづつ明るみになるに連れて惹き付けられ、最後は涙腺が緩んでしまいました。
また回想シーンの子供達の演技、歌声が素晴らしかったから、余計に感情移入させられるんですよね。
あの子供達の演技があってこそ、ラストの感動に繋がったのでしょう。

ただ少々気になったのは、やはり違和感の残る不倫劇でしょうか。
伝えたいことはまあ最終的には伝わりましたが、どうも見せ方がねぇ・・・。
仲村トオルが演じた警官のキャラも、いまいち掴み難く・・・。
この2人の顛末も、見せ方次第ではもっとグッとくる話だったと思うので、ここは勿体無いなと思ってしまいました。

しかし森山未來の演技は本当に素晴らしかったですね。
彼の熱演によって胸が苦しくなった、けど感動も半端じゃなかった!
まあちょっと綺麗過ぎる友情物語、贖罪の旅ではありましたが、なかなか見応えのある作品だったと思いましたよ。
さすがに回想シーンの吉永小百合先生の年齢設定には無理を感じましたが(笑)

スペランカー
スペランカーさん / 2015年9月20日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

そうかー

少し前に24の瞳(古い方)を見た後、こちらを見た。24の瞳では時代背景が戦前戦後だが、カナリアでは最近なためにいろいろと勘ぐってしまい、最後の別れのシーンも全く感情輸入できなかった。なんだか、生徒同士のお互いを思う感情がドロドロしてないか。例えば、いくら小学生でも、一緒に歌を歌っている同級生が自分も歌いたかった独唱のパートを歌うことになったからといって、死ねばいいなんて一瞬でも思うのだろうか。おまけに先生も不倫していたとは。人間、ちょっとバカで世間知らずの方が良いのかもしれない。難しい時代になったものだと思った。

MIDI
MIDIさん / 2015年5月29日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

吉永小百合が不倫というのがどうしてもイメージできなくて、真相は理解... ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

吉永小百合が不倫というのがどうしてもイメージできなくて、真相は理解できたが腑に落ちなかった。それでも、森山未來と吉永小百合のやりとりは感動的だった。

ゆりぽこ
ゆりぽこさん / 2015年4月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

やむなく

やむなく罪を犯してしまう、人ってそんな生き物なのかもしれない。
切ないストーンだけど、「生きていていてもいいですか」の問に、最後のハガキが答えている気がする。

上みちる
上みちるさん / 2015年2月22日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

目を見張る映像美

映像の美しさが素晴らしい。木村さんもどこかで書かれていたとおり、最初に学校と湖越しに利尻富士をみたときは、目を見張った。ストーリーも引き込まれるものがある。特に満島ひかりさんの演技は素晴らしい。淡々と、満島さんが話すところは、最初にはる先生が出会うべきひとだとおもわせた。川島行夫(柴田恭兵)が亡くなるという衝撃的なシーンを、川井郁子が奏でるバイオリンが印象的なテーマ曲をバックに、観客へつきつけられる。しかし、先生、あの日、どこに行ってたんですかという満島さんの言葉は、核心を突くようで、次に繋がっていく。この流れを作る満島さんの演技に脱帽。信人(森山未來)の感情を爆発させる演技もすばらしい。あと皆さん、ほんとに歌が上手。 主題歌がすこし悲しげか。

吉満寺島
吉満寺島さん / 2014年12月20日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

一番のミステリーは、

やっぱり吉永小百合さん。その役(年齢設定も含めて)どころ、その演技に全く違和感がない。びっくり。そして、素直に感動。吉永小百合さんに萌え。

cocomap64
cocomap64さん / 2014年8月24日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  泣ける 幸せ 萌える
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

小百合

阪本順治監督、那須真知子脚本。満島ひかり、宮崎あおい、仲村トオル、松田龍平、柴田恭兵。木村大作的な過剰な絵葉書画がダサ過ぎて若干ゲンナリさせられるが、そこは阪本順治なので小池栄子が造船所の塗装工だったりしてちゃんと萌えどころが用意されている。北の離島の淋しい感じが希薄なのは勿体無いし、里見浩太朗の場違い感に乗り切れないが、ジーンズ、ネルシャツ姿でちょっと少女にも見えてしまう小百合のモンスターぷりや、柴田恭兵の海への飛び込みぶりにハッとさせられたりする。

ssspkk
ssspkkさん / 2014年5月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

贖罪ミステリー ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

湊かなえ原作の贖罪ミステリー。
作者のパターンだが、小さな悪気の暴走。
一つ一つだけだとそこまで大きな事が起こらない問題が、運悪く積み重なり大暴走する。 人生の最も幸せだったときがほんの些細なことの積み重ねで永遠に失われる。そこにいた人々はそのことを境に二度と元に戻れなくなっていた。

悲しいながらも暖かさと希望のある最後に感動する。
無くしたと思っていたものは、まだ何も変わらずにそこにあり続けた。還る場所はなんにも変わっていなかった。そこには希望と暖かさが帰ってくる人を待つように満ち満ちていた。

nok0712
nok0712さん / 2014年5月10日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  泣ける 悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

単なるミステリーに非ず

私的には何よりもまず、木村大作さんの映像の美しさにヤられました。お得意の雪景色は勿論のこと夏の風景も素晴らしかったです。
そんな情景を舞台にサウンド・オブ・ミュージックを思い出させるカナリア達の合唱も心地いいのですが、事態は急変しサスペンスに。
しかしこの作品は原作は読んでいませんが、 原作者の湊かなえさんも「自身初の未来につながるドラマ」とコメントしているだけあり、 単なるサスペンスに終わらずメッセージ性の強いヒューマンドラマに仕上がっています。
キャスト陣は吉永さん筆頭の豪華キャストで申し分ないですが、中でも森山未來さんの熱演が光る作品だと思います。

ぽうる
ぽうるさん / 2014年3月25日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

文学的な脚本+美しい景色+バラエティに富んだ役者陣=こってりすぎ?

 皆さんは「藪の中」という芥川龍之介の短編小説をご存知だろうか?私も大学の授業で少し扱った程度だが、ある事件に関する色々な人の証言が書かれていて、最終的にはイタコに乗り移った被害者の声まであるという中々趣向の凝らした作品である。
 この映画のストーリーはまさしく現代版「藪の中」であり、分校の先生であった川島はる(吉永小百合)はかつての生徒であった鈴木信人(森山未來)に殺人の容疑がかかっていることを知り、かつての生徒に聞き込みをしていく内に、分校時代のある事件の真相が見えてくる。
 脚本が文学的であり、舞台である北海道の美しい風景を撮影・木村大作が最高のスケールで撮影している。さらに、吉永小百合から森山未來までバラエティに富んだ実力派が名を揃えており、見所たっぷりである。しかし、それゆえに本編の時間だけでは処理しきれないため、何回も見るかどこかに焦点を当てて見ることをおすすめする。とは言ってもスタッフも大御所が多く、損はしない作品であろう。

藤飲み屋焼きそば
藤飲み屋焼きそばさん / 2014年2月9日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

そこまで‥?! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

捻りが一切ない映画です。
まさにそまんま、吉永小百合さんは
汚れ役をやらないイメージですが
多少不倫関係?する程度の汚れ役。
すごく広がりそうな設定だっただけに
残念でした。
にしても昔の回想でも吉永小百合は
すこーし無理があるのでは?
里見浩太朗がお父さんか(笑)

まみむ
まみむさん / 2014年1月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  悲しい 単純 寝られる
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

今日、あなたはリンゴの木を植える。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

映画「北のカナリアたち」(阪本順治監督)から。
吉永小百合さんは好きな女優だけれど、
ちょっと20年の年月を遡るには無理があった気がする。(涙)
日本最北の島で教師として教えた子どもたちも、
当然のように配役が違うのだから、吉永小百合さん似の
若手俳優を起用してもよかったのに・・とちょっと残念だった。
しかし、そんなことでこの映画を思い出すのも辛いので、
どこかの映画でも引用されているかもしれないが、
「今日、あなたはリンゴの木を植える」を残そうと思う。
このフレーズ、本来はもう少し長い。
「ある人がこう言ったんだ。もし明日、世界が滅びるとしても、
今日、あなたはリンゴの木を植える。
今できることを、今やりなさい、後悔しないために。」
この最後のフレーズを引き出すための例えだろうが、
何故、それが「リンゴ」なのかは不明のまま、
しかし文字にすると、禅問答のようで意外と面白かった。
それを受けてか、生島役の勝地涼さんと、
結花役の宮崎あおいさんが再会するシーンにも使われる。
「これリンゴの木じゃないか?」「じゃない」
う〜ん、よくわからない、この使われ方。(笑)
だからこそ、インパクトが残ったのかなぁ、このフレーズ。

shimo
shimoさん / 2014年1月11日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

泣いた ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

家のリビングで家族と観てるのに泣いた。
吉永小百合さんが昔を演じてるか今を演じてるか分からなかったところはあるけど、とても良かった。
吉永小百合さんより旦那役柴田恭平さんの方が年上に見えるには笑えた(笑)
教室を見て叫びまくるシーン…誰かが自殺でもしてるのか?とビビったけど、何ともなく終わって良かったです。
カナリアの歌、私も、大好きだった歌です。
とても良い感動的な話だと思います。

eLIZa
eLIZaさん / 2013年12月28日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

自然と人を活写する確かな映像

STORYや人物展開は別として、厳しくかつ優しい北海道の自然が活写されている。これがとても見事である。人の営みのみならず、悩みさえも大自然に比べると小さなものと思える。シナリオ構成や吉永小百合さんや若手俳優たちの熱演もレベルが高く、これが映画をさらに良いものにしている。

ヤマザマン
ヤマザマンさん / 2013年12月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 悲しい 知的
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

カナリアたちの贖罪の日 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

吃音の青年が元の上司を殺した。

なんて在りがちな、つまらない事件だろう。

マスコミや傍観者たちはそう思ったかもしれない。

吃音の青年から、動転した電話を受けた元教師は

北海道のあの学校で待っていてと伝えた。

20年間止まっていた、あの痛い記憶が疼いた。

先生を母親のように慕っていた、あの孤独な少年がなぜ?

誰よりも甘えん坊で、誰より弱虫のあの子が・・・

元教師は、その疑問に追い立てられるように故郷に戻った。

彼を探す中で、分校の教え子たちと再会していく。

それぞれが、あの事件への贖罪に告白したいと願っていた。

・湊かなえの原作の真骨頂は危うい世界観だと思うのです・・・

・配役、演出などピュアな傾向にあり、全体的にぼやけた印象に落ち着いてしまったかなと。

・ストーリーはとても好きなので少し残念かも。

momogaria-no
momogaria-noさん / 2013年12月16日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

41件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi