「アラサ~オンナのための映画」ガール giraffe0814さんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「ガール」 > レビュー > giraffe0814さんのレビュー
メニュー

ガール

劇場公開日 2012年5月26日
全29件中、20件目を表示
  •  
映画レビューを書く

アラサ~オンナのための映画

金麦の檀れいは好きじゃないけどガールの貫禄はさすがだった。
で、思った。
オンナが女の子を満喫して生きようとすると傍目に多少イタイ感じに仕上がるのは仕方ないのかもしれない。

ガールの見所のひとつに要潤がある。今時、それ違法じゃね?ってくらいステレオタイプな嫌な男を演じてる。
あの顔で嫌な男演じたら存在そのものが既にセクハラって完成度。

働く殿方がイタいアラサ~独女を嫌うのはその選択肢の多さと自由過ぎる有様が原因なのかな、って思った。シングルタスクなTHE殿方にはアレもコレも全力で楽しむマルチタスクなオンナの生き方がそもそも理解できないだけじゃなく、中途半端で軟派に見えるんだろう。
自由にみえて不自由ばかりって、それってかなり自由な状況だと思う。
今、オンナには男以上にたくさんの選択肢が与えられている。でも殿方が築き上げてきた社会はまだそんなオンナの全てを受け入れられるほどの寛容さを備えていない。それがオンナを悩ませている。

そして云う。
オンナの人生半分はブルー。ブルーと向き合うことで人生が拓ける。

なるほどね。うん。確かにそうだね。

因みに、映画では残りの半分はピンクってことになってた~ ෆ⃛

giraffe0814
さん / 2012年6月14日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 単純 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi