プッチーニの愛人
ホーム > 作品情報 > 映画「プッチーニの愛人」
メニュー

プッチーニの愛人

劇場公開日

解説

1909年、世界的作曲家のジャコモ・プッチーニは、新作オペラ「西部の娘」の作曲に取り組んでいた。しかし、そんなある日、プッチーニとの浮気を疑われていたメイドのドーリアが自殺。作曲活動を中断せざるをえなくなってしまう。イタリア、トスカーナ地方の風光明媚な土地トッレ・デル・ラーゴを背景に、実際に起こった「ドーリア・マンフレーディ事件」の真相を描き、プッチーニの創作の秘密に迫る。イタリア映画祭2009にて「プッチーニの娘」のタイトルで日本初上映。11年劇場公開。

作品データ

原題 Puccini e la fanciulla
製作年 2008年
製作国 イタリア
配給 エスピーオー
上映時間 84分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

映画評論

慎ましやかな語り口と官能的なイメージによって描かれた残酷な悲劇
プッチーニの愛人の映画評論・批評

「トスカ」「蝶々夫人」の大作曲家プッチーニは稀代の猟色家で、名作のヒロイン造形の背後にはモデルとなった愛人が常に存在したと言われる。映画は夫とメイドのドーリアとの不貞を疑った妻エルビーラがドーリアを激しく糾弾し、自殺へと追い込んだ<ド...プッチーニの愛人の映画評論・批評

他のユーザーは「プッチーニの愛人」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi