東京家族 : 映画評論・批評

メニュー

東京家族

劇場公開日 2013年1月19日
2013年1月15日更新 2013年1月19日より丸の内ピカデリーほかにてロードショー

小津の代表作という意匠を活用して、大船調の家族ドラマを再創造した山田洋次の集大成

山田洋次小津安二郎の「東京物語」をモチーフに撮ったと喧伝されているが、主要キャラクターの役名、職業設定、肝となる名台詞がほぼ踏襲されている点でリメイクと断じてさしつかえない。世界映画史上に屹立する小津の名画は、家族のゆるやかな崩壊を深い諦観をもってとらえ、今なお時代を超えた普遍的な感情を喚起させる。とりわけ、戦死した次男の未亡人紀子(原節子)が後半、戦争の不穏な影をシンボライズする存在として大きく浮上してくる作劇が見事だ。

現代を舞台にこの古典を再生するにあたり、山田は戦争の傷痕の代わりに、東日本大震災という悲劇をクローズアップする。「東京物語」では不在だった次男昌次(妻夫木聡)を召喚させ、被災地でのボランティアで知り合った婚約者紀子(蒼井優)が、原節子と同様に、ドラマの後半を牽引することになる。

スローな口調で脱力気味な母親を好演する吉行和子をはじめ女優陣が健闘するなか、ひどく気になるのが長男を演じる西村雅彦の小津映画の人物を中途半端に模倣した奇怪な台詞回し、それに長女の夫を演じる林家正蔵の腰の据わらぬ浮薄な芝居だ。このふたりはどうにも全体の演技のアンサンブルを壊している印象が否めない。

山田は、おそらく小津特有の相似形の人物配置、ローアングルなどの極度の様式化、そして、その果てに現前する残酷なまでの現実凝視には興味がないのだ。むしろ小津の代表作という意匠を巧みに活用しながら、自らを育んだ伝統的な大船調のヒューマンなホームドラマを再創造したのだといえよう。

高崎俊夫

関連コンテンツ

インタビュー

橋爪功&妻夫木聡「東京家族」で体現してみせた親子の絆
インタビュー

日々の生活のなかで“あたりまえ”だと思っているなかにこそ、かけがえのない幸せがある。山田洋次監督が監督50周年記念作品としてメガホンをとった「東京家族」も、あたりまえのなかにあるかけがえのない幸せ──ごく普通の家族の風景を映し出した、...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

あの頃映画松竹DVDコレクション 東京家族[DVD] あの頃映画松竹ブルーレイコレクション 東京家族[Blu-ray/ブルーレイ] 東京家族 豪華版【初回限定生産】[DVD] 東京家族[DVD]
あの頃映画松竹DVDコレクション 東京家族[DVD] あの頃映画松竹ブルーレイコレクション 東京家族[Blu-ray/ブルーレイ] 東京家族 豪華版【初回限定生産】[DVD] 東京家族[DVD]
発売日:2016年8月3日 最安価格: ¥1,964 発売日:2016年8月3日 最安価格: ¥2,700 発売日:2013年7月6日 最安価格: ¥5,011 発売日:2013年7月6日 最安価格: ¥3,283
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全68件)
  • ザ・日本映画 洋画を観ることが多いので、たまにこういうのを観たらなにかほっとする。 やっぱ私は日本人だなぁって思う。 あんなおばあちゃんになりたい。 ...続きを読む

    はる はるさん  2017年11月4日 00:01  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 山田洋次らしい映画。 実に山田洋次らしい映画でした。 出てくる人出てくる人わがままだけどあったかい。 日本人もまだまだ捨てたもんじゃないなぁ。 ...続きを読む

    ねじまき鳥 ねじまき鳥さん  2017年7月2日 15:34  評価:3.5
    このレビューに共感した/1
  • たぶん、絶賛のコメント多いと思うが、自分はそんなに思わなかった。お... たぶん、絶賛のコメント多いと思うが、自分はそんなに思わなかった。おじさまおばさま世代なら面白いだろうギャグや会話もあり、お涙ちょうだいのやりとりもあるが、ストーリー的に深みを感じない。 子ども... ...続きを読む

    キッスィ キッスィさん  2017年7月1日 01:23  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi