アレクサンドリアのレビュー・感想・評価

アレクサンドリア

劇場公開日 2011年3月5日
9件を表示 映画レビューを書く

I am free. キリスト教の暗部 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

紀元350年頃のアレクサンドリアの女性哲学者ヒュパティアを描いた作品です。今でいうと哲学者っというより天文学者っぽいのですが、天文学と数学が専門だった模様です。

日本では今一パッとしなかった印象の本作ですが、製作されたスペインでは大ヒットとなってます。しっかし、これだけキリスト教の悪い所を描いた作品が国民の70%がカトリックのスペインで良くヒットしたものです。作品自体は見応えあって、とても面白かったんですけどね。当時の建物の再現とか、暴動シーンとか、けっこう金かかってそうです。最近少ないですよね、金かけた歴史物って。

ラファエロの絵画「アテネイの学堂」にも描かれてるヒュパティアさんですが、正直この作品を見るまで知りませんでした。まぁ、古い話ですし、今となっては本人が書いた書物などは残ってないようなのですが、「真実として迷信を教えることは、とても恐ろしいことです」とか名言は今も残っています。良いこと言うわ~。

尚、映画では描かれませんでしたが、実際は貝のからで皮をそがれで虐殺されたようです。さすがにグロ過ぎて映像化は無理!映画での窒息死の方がまだマシです。歴史の中でこれまで一番人を殺した人類の発明は宗教ですし、実際キリスト教ってアレぐらいの事は余裕でやってたみたいなんですよね。よく「自分の正義の為なら他人に対してはどれだけでも残虐になれる」って言いますが、まさしくその通りな内容です。宗教を正しく描いた媚びてない映画という点でも珍しい作品だと思います。

歴史や宗教等にそれなりに知識が必要になってきますが、知ってる人は楽しめる事間違いなし!古代の美しい風景と、40歳過ぎてても美しいレイチェル・ワイズと、知的だった為に起こった悲劇のドラマと色々と楽しめる作品でした。

アキ爺
アキ爺さん / 2017年10月10日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

重い

勉強ようで見たけど 重くてびっくり 宗教恐ろしい
かなり印象に残った なんで同じ考えじゃなきゃダメってなるのか 日本人の宗教感薄い人から見ると全然わからない エジプトは多神教だったのに こんな風に崩壊するなんて悲しい 知識不足でなんで教え子がこうなったのかよくわからない節もあるから 大人になってからちゃんと見たい 解説検索して理解してるようじゃ この映画のこと 歴史のことも何ひとつわかってない

何もできないし どうにもならないけど みんなお互い認め合って生きてけばいいのにと思う 気分が沈む

1112
1112さん / 2017年5月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

硬直化したドラマ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

古代ローマ社会にキリスト教がいかに浸透していったかということに、一つの具体的なイメージを与えてくれるという意味で興味深い題材だ。
しかしながら、登場人物が皆頑固者ぞろいで、お互いの思想・信条に歩み寄りを見せるとか、相手の宗教への理解を示すとか、そうしたことが全く描かれていない。とにかく自分の主義主張を、文字通り命を懸けて貫いているのだ。
もちろん、これがそのまま映画の時代設定、社会状況、人間観となっていて、暴力による社会変革へ直線的に進んでいく様を描いたのだと言えば、それで画面に映ったことの説明はつくのかも知れない。
でもこれでは人間の心の変化という、映画というものが観客の瞳と心を最も強く打つ要素に欠けているのだ。つまり、ここにはドラマは描かれておらず、歴史上起こったであろう新興宗教による陰惨な社会変容を映しとったに過ぎないのではないか。主人公ヒュパティアは恋も名誉も命もかなぐり捨てて、古代の科学的知見を守ろうとした殉教者で、キリスト教徒は彼女の命と一つの文明を地上から消し去った事実だけが残る。
はるか上空から見た球体の地球を何度も映し出したのは、この映画の人間ドラマの欠乏を糊塗してるように思えてならない。宇宙の存在とその歴史にしてみれば、地上の人間の心などとらえようもないほど些細なものであると。
ヒュパティアがいよいよ最期を迎えるときに彼女の後ろには、一頭のオオカミと、そこから乳を授かる双子の赤ん坊の像が見える。言うまでもなく、ローマ建国の伝説であるロムルスとレムスである。史上有名なアレクサンドリアの図書館や灯台など、VFXを使用した古代文明の描写は観ていて飽きない。
ここに人間ドラマが加わっていれば、とても壮大な歴史スペクタクルロマンになったはずだ。

よしただ
よしたださん / 2015年11月6日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

主人公が時代の流れに対して何もしていない ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

総合:65点 ( ストーリー:65点|キャスト:70点|演出:75点|ビジュアル:85点|音楽:70点 )

 私は知らない人物だったが、これを観る限り、古代にこれほどの知性と才能を備えた女性学者ヒュパティアが歴史のうねりの中に消えてしまったのは人類の大きな損失だった。
 だがそのヒュパティアの科学への探求と生き方が描ききれているわけでもない。宗教と歴史の動乱の描き方が良かったし、全体の質は高いのだが、ヒュパティア本人が作品中の動乱の中に埋もれてしまって目立っていない。演じたレイチェル・ワイズの演技が悪かったとは思わず、この動乱の中での彼女の役割がはっきりと物語として描かれていなかったのが原因。宗教を絡めた対立が起きているとき、彼女は研究に勤しみ自分の生き方を貫く。だが社会の大きな変化に関心を示さず自分の研究に集中している彼女の生活が、作品の動乱の流れの中で浮いてしまっている。キリスト教徒になるのを拒むといった能動的な部分は少しはあるものの、ただの不幸な犠牲者の一人程度の扱いになっている。
 彼女のことより、むしろ宗教を軸にして人々の酷い動きを描いていったほうの描写と、宗教が力を持って国を支配していく流れのほうが面白かった。権力構造の変化によって人と社会が変わっていくし、血生臭い部分を堂々と見せる演出に迫力があった。大量動員して古代都市を描いて死体を写した映像はかなりの出来映えだった。残念ながら、ヒュパティアと社会の動乱の2つの流れがうまくまとまっていなくて中途半端に感じる。

 この作品のアレハンドロ・アメナーバル監督、前作『海を飛ぶ夢』でもキリスト教の牧師か誰かがあまりいい役で出てこないし、今回もキリスト教が権力を握り排他的で残虐な動きに出ることを描いた。キリスト教徒の多い欧米でこのようなことを描く作品を作るのは障害も多いはずだが、それを堂々とやってしまったのは驚いたが、それでも制作されたスペインでは売れたというのもまた驚いた。

Cape God
Cape Godさん / 2015年7月26日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ヒロインの感情描写不足の気がしてならないは何故? ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

期待し過ぎてしまっていたのだろうか?観終わった後で「観なければよかったのに、残念だった」と正直に言えば、こんな言葉が自然に口をついて出てしまっていた。大袈裟では無く、そんな気持に襲われる自分が嫌になる映画だった。殆んど映画は自分一人で観るので、独り言を本当に呟く事はめったに無いのだが、ついこのセリフが無意識に出てしまう程に期待を裏切られた。観るのを楽しみにしていた作品だけに、残念に思えてならないのだった。
これは、あくまでも私の個人的な感想で有り、この作品の出来が悪いとは、決して言えないのかも知れない。何故なら、この作品の監督は、スペイン出身のアレハンドロ・アメナーバルで、彼の過去の作品には「蝶の舌」や「海を飛ぶ夢」と言う素晴らしい作品が有りついあれらの作品以上の素晴らしい作品を作ってくれているに違い無いと無意識に私の一方的、且つ個人的にこの監督に期待し過ぎていただけなのかも知れない。だから白紙のサラの状態で観る事が出来ないでいるが故の今回の評価になってしまったのかも知れない。
大風呂敷をドカッと広げられて、中はゴロゴロと大きな原石の塊が転がり出して来た感じと表現したら良いのだろうか?・・・
映画のヒロイン、ヒュパティアの心の奥の苦悩がドラマとして描かれていない印象を受けてしまうのだ。
只ひたすらに学問にだけその身を捧げて生きた彼女ではあるのだろうが、その彼女が自分の総てと言っても良い、研究の場である図書館を追われても、研究を続けている姿が、淡々と描かれていくのは、其れほどまでに彼女が学問にその人生の総てを捧げ尽くしていた証なのかも知れないだろうが、映像表現である映画は、観客に対して、ヒュパティアの苦しみの心理状態を映像として伝えなければ映画芸術としての表現を果たしたとは言えないと思うのだが?
それこそ、音を消したサイレントでドキュメンタリーを作り字幕を指し込んでいない作品を見せられているようで、「彼女は、初代鉄の女?」自分の身に降りかかる運命の出来事でも感情が無い人間かの様に描かれている気がしてならないのであった。
しかし、この監督がヒュパティアを意識的に、冷酷な差別主義者で奴隷に対しても何の人間的価値も認めない、哲学だけを論じて生きていれば、それで良い人間で、彼女に人間的な感情は無いと意図的に描いているのであれば話はまた別である。
この時代の奴隷には、仕事さえ立派に果たしていれば、「ヘルプ」や「アメージンググレイス」が描いている様な奴隷階級者に対する差別的な感情を持って生きる人は少なく、奴隷制と言うカースト制度は存在するものの、もっと緩やかで自由が奴隷にも認められている奴隷制度であったと言われているこの時代のカーストだが、ダオスに対する心情も、頑ななまでに無視されている。これ程までに優秀な哲学と天文学を極めていたヒュパティアが学問の研鑽を積む過程には人間愛がなければ、研究は出来なかったと私は推測するのだが、
映画や、文学、音楽、芸術の総ても、科学の世界も極めれば、人間が生きると言う事の意味を考える事にも通じてゆき、宗教と結果的に科学も芸術も、人の営みそれ自体に、宇宙との一致を観ると思うのだが?この映画を観ると、そこには何か一致する様な繋がりが微塵も描かれていない気がして、疑問だけが残るのだった!
宗教は人を救う筈なのだが、宗教によって救われる事など決して有り得ないとこの監督は表現をしようとしているのだろうか?
或いは、戦にだけ明け暮れる人間は罪深い野蛮な輩とでも言いたいのだろうか?
戦闘シーンの残酷なところが延々と続く印象しか残らない作品であった事は、如何にも残念でならない。レイチェル・ワイズを起用しているのに、何とも勿体無い映画だった。

Ryuu topiann(リュウとぴあん)
Ryuu topiann(リュウとぴあん)さん / 2012年4月24日 / PCから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ハリウッド?アメリカ?の正義?‥‥2極論に持ち込み‥

【ケータイからの‥絵文字投稿⇒不可につき‥
再編集└|∵|┐♪┌|∵|┘】

(一部日本人もそうだが‥↓)
物事を2極化・2択化して選択を⇒強いる思想て、実際に有る(`o'ヾ

いや‥
答えが2つとは限らない時の方が‥明らかに多いだろ~ヽ('ー`)ノ~?

こちらは‥
古代エジプトの‥女性学者(教師)の物語‥

事前に↓↓↓
キリスト教/ユダヤ教/古代エジプトの多神教‥等‥
予習はしといた方が良いかもよ?

☆評は‥
DVD100円水準にて‥(^-^)

DVD買う度⇒①★
モ、1回見たい度⇒①☆
オススメ度⇒⑤♪♪♪♪♪
デートで見る度⇒①◎

観る相方(^-^)v/知的内容なので‥
知的な方と!

珍しく‥
キリスト教讃美(アメリカがいつも正義だろ)でない本作ヾ(*'-'*)

レイチェルはやはり美しいよね(^з^)-☆Chu!!
(彼女の代表作は?
‥‥●ハムナプトラシリーズ‥に思われがちだが‥
俺的には‥
●アバウトアボーイと●スターリングラードに思う‥)

世の中は2極でも2択でも無い‥
答えは無限なハズだd(^O^)b

全てを白と黒に‥善と悪に‥てのはおかし過ぎる(・ω・)ノ

哀しい‥
‥これは悲しいo(><;)(;><)o

書籍は友なり/知は宝なり(*_*)

えびかに伯爵
えびかに伯爵さん / 2012年2月23日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 知的 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

見えていた宇宙が違う

ヒュパティアは、奴隷も分け隔てなく弟子として受け入れる。だが、決して自分とも対等であるという扱いをしているわけではない。あくまでも下級階層と見なしている。
それがわかった奴隷のダオスは、ヒュパティアに目を掛けてもらっていることに感謝しながらも、神の前では皆平等であるという教えを持つキリスト教に惹かれていったのだろう。

ではキリスト教徒たちはどうしたのかというと、改宗しない人間は異端児として扱い冷遇していく。神の前では平等という教えが、どこかで捻じ曲がってしまっていることに気づいていない。

暴徒と化した教徒たちが、人類の知恵の宝庫であるアレクサンドリアの図書館を襲い、数多の書物が失われた損失は計り知れない。
人類の知恵によって蓄えられた知識をゴミ扱いし、自分たちこそ世界の中心にいるという愚かしい行為だ。

だが、この愚行そのものにキュリロス主教は関わらない。けっきょく、何も知らない民は、政治の主権を争う駒としてしか扱われないのだ。
人の道をはずさないよう生まれた教えも、それを受け継ぐ者しだいで、元の考えそのものが変わってしまう。
それを許さないようにするには、すべての人類が知恵を持つことだ。愚かしいことを愚かしいことと判断する知恵を持つことだ。

この作品の原題「Agora」は古代都市国家の“広場”を指す。ここで行われた火の上を歩くというパフォーマンスを、当時の人間と現代人が見たとき、受け取り方はまるで違うだろう。
現代人と古代人では、見えていた宇宙が違うのだ。

すべての惑星が完璧な円軌道を描かないように、この世に完璧なものなど存在しない。
この映画では、人類と科学、その双方の矛盾点を描いているように思えてならない。

哲学者として、史上初の女性天文学者でもあるヒュパティアの、科学に身を捧げるという信念の生涯を描いた作品だが、新興のキリスト教に傾倒しながらも、自身の判断で行動する勇気を備えるまでに逞しくなった奴隷・ダオスの物語でもある。

マスター@だんだん
マスター@だんだんさん / 2011年11月3日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

木を見て、森も見よ

「海を飛ぶ夢」などの作品で知られるアレハンドロ・アメナーバル監督が、「ナイロビの蜂」のレイチェル・ワイズを主演に迎えて描く、歴史物語。

近年になく、胸に爽やかな風が吹き抜ける映画である。あくまでも物語の本筋は、ギリシャ・アレクサンドリアに実在したと言われる優れた天文学者・ヒュパティアの波乱に満ちた生涯を追い掛けた作品である。しかしながら、そう簡単に説明できないのが本作の特殊さであり面白さである。

一人の美しき女性、ヒュパティアを巡る恋愛ドラマ、宗教を軸にした鮮烈な戦争絵巻、そして脈々と受け継がれていく人間の愚かさと、弱さの歴史物語と、多種多様なテーマを織り交ぜて描かれているのだが、全ての問題に対して作り手はじっくりと寄り添っていく視点を持っていない。地上で繰り広げられる些細な出来事・・「ああ、またやってるのね。懲りないわね」とでも言わんばかりに対岸の火事を決め込んでいる。

一人の人間が抱える心情を丁寧に描く事も出来ただろう。それでもこの物語は、上空から、あるいは地球を傍目から静観する「何か」の視点で見つめていく。それは、まるで兵士たちの暴動が、蟻の大群の砂糖を求めちまちまと右往左往する様子を連想させるよう仕組まれていることからも明確だ。

「何だよ・・他人事みたいに考えやがって」と腹を立てる観客もいらっしゃるかもしれない。それでも、今、目の前の利益、権益に目を奪われ、その場しのぎに一手を打つ某国家の在り方が、本作の人間諸君の言動にどこか重なって見えたりもする。世界を、未来を、傍観して捉える視野。木を見て、森も見る柔軟さ。そんな現代に立ち止まる私たちに求められる思考が、あっけらかんと示される爽快さ。

対象からとにかく離れ、離れ、ひたすら離れて大局を大雑把に描き切る勇気と力強さに満ち溢れた意欲作。若干長い作品だが是非、今、観て欲しい。

なんて難しい事を考えなくても、この世の者とは思えない美貌を惜しげもなく画面に撒き散らして宇宙に恋するレイチェル・ワイズの存在感と瞳に溺れるのも、また良し。う~ん、サービス満点である。

ダックス奮闘{ふんとう}
ダックス奮闘{ふんとう}さん / 2011年9月10日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  興奮 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

アレキサンドリアと西欧宗教

古代エジプト文化の頂点に立つ天体衛星の楕円軌道を推論した実在の女性哲学者ヒューーパテアの伝記なので、実在の人物の物語りの迫力はあるが、このスペインの監督アレハンド・アメナーバルは前作「海を飛ぶ夢」が車椅子生活を強いられる身体障害者のキリスト教会では禁ずる自殺に至る心理葛藤を克明に追った宗教的な手法で、キリスト教宗教的テーマを常に追求する宗教作家と云うことができる。しかも西欧のキリスト教会を題材にしながら反教会的テーマを貫く思想の持ち主である。過去にキリスト教社会である西欧映画で宗教映画と呼べるものはフランスのロベール・ブレッソン監督の神を肯定する「田舎司祭の日記」、神を否定する作品ではアメリカのフレッド・ジンネマン監督・オードリー・ヘップバーン主演の「尼僧物語」などが代表的だが、現代ではメキシコのアレッサンドロ・イニヤリトウ監督の「バベル」がある。アメナーブル監督とイニヤリトウ監督は共にスペインとメキシコと云う云わば後進国ヒスパニック系とも云うべきスペイン語圏の作家である点が興味深い。
       宋3世

宋3世
宋3世さん / 2011年3月15日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

9件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi