ガールフレンド・エクスペリエンスのレビュー・感想・評価

ガールフレンド・エクスペリエンス

劇場公開日 2010年7月3日
8件を表示 映画レビューを書く

この監督

ナオミ・ワッツを使った時もこんな感じの映画だった
全体的に生活感(ストーリーの展開がごくごく現実的・・主人公が30人の敵に囲まれても生き残るとか・・非現実的な演出がないという意味)
で映画を見ているんだと言って大手を振って見れる
AVという感じ

主演の女優の演技は
なんとも一本調子で
特には

歩き方がいつも同じでその歩き方が
自分に自信のない人間の歩き方で
役作りがまったくできていない
ただのAV女優のまま

人は精神状態が歩き方にでる
その時々の心の状態で歩き方を変えるくらいはしてほしい
アホ丸出しの歩きかたで残念な人だ

最近、日本でもAV女優のニュースが出ている
倒錯した心で大都会とネットに飲み込まれて
心を壊して、体を慰めてさまよう人々が
この映画を見て自己肯定するのかもしれない

どんな生き方をするにせよ
悔いのない人生を生きてほしい
この女優をはじめとして
世界で活躍するAVさんたちに

seisinsei
seisinseiさん / 2016年7月15日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

えΣ(゚д゚lll)

凡人には意味不明。(←私のことです。)
ただ、アメリカポルノ女優 No.1が結構アッサリした可愛い子で
意外でした。
この映画のファンの方々には、こんな事しか書けないのが、申し訳ないですが…

もっと勉強しときます。

⁉︎
⁉︎さん / 2011年4月8日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

熱の無い、世界 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

「オーシャンズ」シリーズを手掛けているスティーブン・ソダーバーグ監督が、アメリカの人気女優サーシャ・グレイを主演に迎えて描く人間ドラマ。

暖房の設定温度を、1度から2度上げたくなる作品である。ばらばらに散りばめられた会話と情事の場面を、複雑に繋ぎ合わせて作られた本作。そこには温度が無い。人が人に認めてもらうために振るう力も、衝動も、情熱も無い。ただ、やり過ごす毎日があるだけだ。

お金、男女の関係、そして少しずつ衰えていく身体。全編に貫かれるのは永久不変とは無縁の、常に変化し続ける淡白な感覚。硬質な色で描かれていく世界で、主人公は静かに、それでも粘着に「変わらないもの」を追い求めていく。

観客は、この作品に入り込んでいくうちに自らの身体が冷えていくのを感じるはずだ。登場人物には憧れる要素が徹底的に排除されており、私達が毎日に感じている違和感、退屈を身にまとっている。だから、嫌になる、苦しくなる。全ての要素が、私達が目を背けている現実だから。

ラスト、主人公のコールガール「チェルシー」は、自らを指名してくれた一人のアラブ人らしい男性を、下着姿で優しく抱き締める。男は、息を荒げて彼女を抱き締め返す。とても、気持ちが良い場面である。冷淡な世界に、初めて熱が生まれている心地がするからだ。熱は、ときに面倒くさい。でも、愛しい、欲しい。観客は、その自らの心の声に気付かされる。

気分の良い映画ではない。安心して観賞できる親切な設計でもない。それでも、毎日に疲れた方には、ささやかな清涼剤になってくれるはずだ。やっぱり、熱のこもった世界が良いと、思わせてくれる一本である。

ダックス奮闘{ふんとう}
ダックス奮闘{ふんとう}さん / 2011年3月17日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

刺激的というより、むしろガーリー

マンハッタンで高級コールガールとして働くチェルシー(サーシャ・グレイ)。
1時間2000ドルでお客が彼女に求めるものは、
体そのものではなく、むしろ彼女と過ごす時間。

そんな“恋人とすごすような体験”を提供するプロであるはずの彼女の前に、
ある日、彼女自身も“恋人と過ごしている”と思ってしまうような客があらわれる。
“お客とは週末の旅行に行かない”という一線をやぶってまで
彼が待っているはずの避暑地に向かったが…

全米No.1ポルノ女優サーシャ・グレイ主演、とゆうことで
アダルトな方向からも注目を集めている作品ですが、
意外(?)にも、生々しいとか扇情的な印象はありません。

むしろチェルシーが、コールガールという職業でありながら、
時に無防備で、イノセントな、“一人の女の子”として描かれています。

これを観て、思い浮かべたものが二つ。

まず一つは、トレイシー・クワン著「マンハッタン・コールガールの日記」。
これはコールガールが主人公ながら
「ブリジット・ジョーンズの日記」や「SATC」と同列で語られるチックリット。
カンペキにガーリーな小説です。

今回の映画は、語り口がこちらの小説ほどポップではないけれど、
「コールガールらしくない、“女子”なコールガール」という点で似ているなあ、、、と。

そしてもう一つは、映画版の「ティファニーで朝食を」。
オードリーの可憐さゆえについ忘れがちですが、
この主人公ホリーの職業はコールガールのようなものだったはず。

「ガールフレンド・エクスペリエンス」の中でチェルシーが、
大きなサングラスをかけミニマムなドレスを着ているシーンがあったのですが、
オードリーを彷彿とさせました。
はたして、「ティファニー~」を意識した映画の衣装として選んだものなのか、
それとも、チェルシー自身が、ホリーをわざと真似て着ているという設定なのか、、、

そのチェルシーを演じるサーシャ・グレイ。

全米№1ポルノ女優とゆうことで、
もっと“肉食ってます!”みたいなカラダを想像していたのですが、
ぜんぜん違ってびっくりです。
形はきれいだけれど胸はごくごく普通(お尻はめちゃくちゃ色っぽい!!)。
顔立ちも、ちょっと影や憂いのある感じ。

こうゆうタイプだからこそ、ソダーバーグが起用したのでしょうけれど、
アメリカのポルノ女優のイメージがずいぶんと変わりました。

めぐ吉
めぐ吉さん / 2010年8月28日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

右から左へ

<向こうの人の好みってわっかんないなぁ〜>
ってのが正直な感想。
この、アンナ・パキンをものすっご仏頂面にしたようなというか、
「柴漬け食べたい」でブレイクした頃の山口美江みたいなというか、
とにかくこの下ぶくれのオネーチャンが全米No.1ポルノスターって。

眉頭クッキリ描きすぎっしょ。(←そこフューチャー?)

私の映画の採点基準は、
文字通りの”感情が動いた”という意味での感動があったかどうかで、
”癒し”であったり”共感”であったり時には”驚き”であったり、
そのカタチは多種多様であるが、、、

それがこれには何も無かった。
右から左へ、何も足跡を残さずスゥ〜って通り過ぎた感じ。
観終わって出てきた言葉は、
「はぁ、さよでっか、、、で?」。

新宿キネコ
新宿キネコさん / 2010年8月19日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

映像はスタイリッシュだが

日本で言えば、娼婦物、あるいは花柳界物ということになるのであろう。

NYを舞台にしているだけあり、映像的にいい感じだし、個人的にはこういった映像の色合いは好きである。NYの金持ち連中の会話もかなりリアリティーがある。恐らくストーリーの中に出てくる、金持ち達の会話のシーンは、実際にどこかに取材した(あるいは監督、脚本家の日常)実話に近いものであると思われる。

どことなく、アメリカ文明の浅薄さを皮肉っているようでもあり、かつて世界が憧れた、アメリカ文明の成れの果ての姿を、少し引いた立場から描いているようにも思われるが、そう言った表現部分に限って評価するならば、ソダーバーグ監督は、パラノイア的なマイケルムーアよりは、よほど風刺の才能があるような気もする。

しかし、主人公の娼婦を描くという面から言えば、人物描写が弱く、ちょっと安易な感じに終始しているように感じられた。こう言った、娼婦物、花柳界的な世界に生きる女性の描写という意味では、日本の数々の小説や映画のほうが、はるかに奥深く豊かな表現に満ちていて、味わい深いものが多い。結果、映画全体の評価という意味では、文化の違いによるものなのであろうとは思いながらも物足りなさを感じた。

しかし、この全体的なある種の空虚感とか浅薄感といった雰囲気そのものによって、NY社会を風刺しようとしていると言えなくもなく、もしかするとそこを狙っているのかもしれないが。

最後になるが、終わり方にあれこれ悩んだであろうことが伝わってくるような、多少消化不良気味のラストもちょっと気になった。

k.mori
k.moriさん / 2010年7月28日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  悲しい 単純
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

変な胸騒ぎ

高級エスコートガールの話といえば当然セックスはてんこ盛りと思っていたから、ベッドルームで繰り返される経済トークに、「なにこれ!?」という変な胸騒ぎがしてしょうがなかった。
抜てきされたポルノ女優のサーシャ・グレイがすごくいい。自立した意志の強い、でもちょっと寂しげな影のある女性がぴったりハマっていた。

brick lane
brick laneさん / 2010年7月2日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ソダーバーグの技術は素晴らしいが… ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ニューヨークの娼婦の生態を流麗なカメラワークで綴った、私小説的映画。ソダーバーグにしてみたら、ヘビーだった「チェ」2部作のあとの作品として、リハビリ的に撮った映画なのかもしれない。

 時間軸、空間を自由自在に行き来するソダーバーグの撮影、編集技術は、磨きがかかっており、見ている間は、構図や音楽を含めて、極めて映画らしい映画を堪能することができたが、描かれている内容は大した中身はなく、見た後は、娼婦の人生の断面の表層を垣間見ただけの印象しか抱けなかった。曲はすごくいいのに、つまらない歌詞がついたポップソングのような映画だ。

広谷賢次
広谷賢次さん / 2010年6月7日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  幸せ
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

8件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi