お葬式に乾杯!のレビュー・感想・評価

メニュー

お葬式に乾杯!

1件を表示 映画レビューを書く

原作勝ち

リメイクの難しさを ひしひしと感じる作品。

原作のストーリーに 忠実に撮られていますが、やはり笑いのツボは お国によってもちがうもの。 英国から アメリカ(ブラック・ソサエティ)に置き換えてのお話も、まるで スタンドアップコメディを見ているように バラバラな感じがしました。

作家として大活躍している弟に マーティン・ローレンス。 作家を目指している控えめな兄に クリス・ロック。
この二人がNGでしたね。 少しも笑いをとれず、かといってシリアスな演技もなく (まぁ、コメディなのでね。。)

ママ役の ロレッタ・ディバイン、この人が悪かった。。 演技が学芸会並み。 まったくの格下げ。

その他の出演陣は それなり(個々)に がんばっていましたよ。

『リーサル・ウェポン』の ダニー・グローバーは 車椅子の頑固ジジィを好演。 お茶目でした。

トレーシー・モーガンは ずーっとしゃべりっぱなし・でも 誰も聞いてない(笑) “汚れ役”をしっかり演じてました(爆!)

気の強い姪役 (亡くなったのは 叔父さん)に、ゾーイ・サルダナ。 いつも“ちょっと物足りない感”が残りつつ、でも“ 一生懸命やってるわ”と伝わる 演技。

ジェームズ・マースデンは、体 張ってがんばってました。
薬の効き目は 8時間のはずなのに、途中 “効き”がつよいシーンと よわいシーンがあったりして そこはちょっとシラけた。 まぁいつも二枚目の役がおおい彼だから、あれが限界でしょう。

いちばん頑張っていたのは コロンバス・ショートかも・。☆
置かれた状況に 慌てふためき・走り回る彼に 「お葬式なのに・・・」と 笑わせてもらいました。 ほっぺを洗ってるところも サイコー(爆!)

ルーク・ウィルソンの激太りは かなり衝撃でしたね。 ココも格下げ。

腹をかかえて笑うシーンは 数えるくらいなので、期待せずに観たほうが 正解。

Blue
Blueさん / 2010年5月11日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  笑える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi