アンダンテ 稲の旋律(ネタバレなし)のレビュー・感想・評価

アンダンテ 稲の旋律

劇場公開日 2010年1月23日
2件を表示 映画レビューを書く

真面目な子の挫折

真面目に親や先生の言うことを聞いて育った主人公が農業とそれに携わる青年に影響されて変わっていく姿を描く。
自分がしていく事を自分で選ばず、流されている人は多いから、主人公の甘えのような引きこもりにも共感できる人も多いかもしれない。
新妻聖子さんがエンディングを歌うシーンはカッコイイが彼女がミュージカル女優と知らない人には、「なんで主演女優が歌いだすの?」と驚く人が結構いた(笑)
筧利夫のコミカルな演技と少々オーバーなストーリーに違和感はあるけれど、人間再生物語として十分観られる作品です。

うにたん♪
うにたん♪さん / 2014年1月22日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

田んぼと共に主人公が成長していく

上映前に原作者の方のお話を聴けたのですが、かなり実体験が反映されているみたいです。食糧問題に関する部分は論理的に強引な印象もありましたが、主人公の精神的な部分に関しては過剰に説明的ではなく、「わかってもらいづらい」感がリアルな感じ。とはいえ和やかなシーンもあってバランスはいいかも。田んぼの風景が好きな人には特におすすめです。原作読むのは映画観てからがいいんじゃないでしょうか。

さくII
さくIIさん / 2010年3月9日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 悲しい 楽しい
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

2件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi