母たちの村
ホーム > 作品情報 > 映画「母たちの村」
メニュー

母たちの村

劇場公開日

解説

古くから伝わるお清めの儀式として女の子は割礼を受けることが決まりとなっている西アフリカの小さな村で、この風習を廃止しようと立ち上がる母たちの戦いを描いたヒューマン・ドラマ。監督は「エミタイ」「チェド」のウスマン・センベーヌ。第57回カンヌ国際映画祭ある視点部門・グランプリ受賞、2005年全米批評家協会賞・最優秀外国語映画賞受賞。

ストーリー

西アフリカのとある村。コレ(ファトゥマタ・クリバリ)は、第一ママ、第三ママや子供達に囲まれ、いつもと変わらぬ穏やかな朝を迎える。突然、4人の少女がコレのもとへと逃げ込んでくる。この村では、女の子たちは割礼を受ける決まりとなっていた。今年儀式を受けるはずの少女のうち、彼女たち4人はコレのもとへ、他の2人は町へと逃げる。コレもまた、他の女性たちと同じように割礼されている。その為に2回流産し、娘アムサトゥ(サリマタ・ラオレ)の出産の時には帝王切開をしなければならなかった。たとえ古くから伝わる伝統だとしても割礼は良くないと信じるコレは、娘には割礼をさせなかった。4人の少女たちは、自分の娘に割礼を受けさせなかったコレに「モーラーデ」(=保護)を求めて逃げて来た。コレは少女たちを保護する事を決心する。入り口に縄が掛けられ、「モーラーデ」が始まった。この出来事で、村中が混乱でごった返す事となる。割礼を受けてない女性は「ビラコロ」と蔑視され、きちんとした結婚相手も見つからないとされているこの村で、割礼を受けない事は大問題なのである。そんな最中、村の長老の息子イブラヒマがフランスから帰国。イブラヒマとアムサトゥは婚約していた。彼の帰国を待ち望んでいたアムサトゥだが、自分はビラコロなので結婚できないのでは、と心配し始めていた。そんな娘にコレは、割礼の弊害を説く。そんな中、割礼から逃げようと、町へ行った2人の少女が、井戸に身を投げる。この出来事に激怒した村の男たちは、全てはコレが発端だと決定付ける。伝統を頑なに守ろうとする者、新たな考えをする者。2つの価値観が衝突し、村の緊張は更に高まり、騒然となるのだった。...

作品データ

原題 Moolaade
製作年 2004年
製作国 フランス・セネガル合作
配給 アルシネテラン
上映時間 124分

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第57回 カンヌ国際映画祭(2004年)

受賞
ある視点部門
ある視点部門 最優秀作品賞 ウスマン・センベーヌ
出品
ある視点部門
出品作品 ウスマン・センベーヌ

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.2 3.2 (全1件)
  • 風習は知っているが 危険な事をやる理由が解らない。 危険な割礼を止めさせる為の闘いがまた厳しい。 男尊女卑が残っているし、男性が圧倒的優位の社会で闘うのは大変。 何せ、重婚が許されている社会だから。 村の会で発言も... ...続きを読む

    うにたん♪ うにたん♪さん  2016年5月18日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「母たちの村」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi